読むべき本、見逃していない?

ふまじめな「観光客」が世界をよくする

書評掲載元:週刊文春(2017年6月22日号)書評

ゲンロン0 観光客の哲学

 『存在論的、郵便的』(サントリー学芸賞)という風変わりなタイトルの本で、日本のポストモダン論壇にさっそうと著者が登場して20年。著者がその集大成という本だ。東京大学生協書店の人文書部門のベストセラーとなっていることからも、期待の大きさがわかる。
 「観光客」とは実際に見知らぬ地を訪れる者でもあり、ネットでたまたま訪れる者の比喩でもある。そこに著者はさまざまな可能性を見出す。
 評者の佐々木敦氏(批評家)は「このような書物が登場したのは久しぶり」と記し、本書を最大限高く評価している。
  • 書名 ゲンロン0 観光客の哲学
  • 監修・編集・著者名東浩紀 著
  • 出版社名株式会社ゲンロン
  • 出版年月日2017年4月 8日
  • 定価本体2300円+税
  • 判型・ページ数A5判・320ページ
  • ISBN9784907188207

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?