本を知る。本で知る。

書道学博士の美文字ロジックで、きたない字を直しませんか?

 手書きしなければならないシーンは、世の中多いものです。熨斗袋や記帳、ちょっとしたメモ書きや特別なお手紙など。でも書いていて、あるいは後から見たときに、文字が汚すぎてがっくり肩を落とすことはありませんか。この本を読めば、少なくとも人に見せても恥ずかしくない文字に改善されます。文字の美しさには、ロジックがあり、そのロジックに従って文字を書けば、美しくなるからです。

たとえば、右肩上がりにすることを意識し、線と線の間隔を均等にする。たったこれだけでも、見た目がきれいになります。さらに起筆(打ちこみ)と終筆(止め)をきちんと整えることで文字に品が生まれます。これが基本中の基本です。

強調する線をひとつに絞ることも有効です。線がいくつもある中で1本だけを強調することを「一画強調」といいます。「青」の字を例にとると4画目の横線を強調すると安定します。つづいて「一対強調」。これは一画強調と同じ考え方ですが、左払い、右払いを「見えない横線1本」ととらえ、強調するというものです。「大」の字を例にとると1画目の横線はあまり長くせず、2画目、3画目を強調します。一対強調をする場合は、左払いと右払いの高さを揃えると字形が整い美しく見えます。

以上はほんの序の口です。偏や冠、難題のしんにょうの書き方、そして文字を書き連ねていく際の各文字のバランスなど課題はまだたくさんあります。書道学博士である著者は、こうした文字全般に共通する書くためのメソッドを体系化しました。それが本書でご紹介している12メソッドです。まず読むことで、その理屈がわかり、文字を書くときに意識するようにすれば、それだけで大幅改善されます。きれいな字ですねと言われたい方、今からでも遅くありません。

 
 
 

書名:読むだけで「うまい」と言われる字が書ける本
著者:根本 知
発売日:2014/4/23
定価:本体1250円(税別)

写真集 カメラの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?