本を知る。本で知る。

羽生結弦「目線アリ」で予約殺到?! ラグジュアリー誌の新年号がそろい踏み

婦人画報 2023年1月号

 2022年も気づけば年の瀬。新年をぜいたくに彩る女性誌が、続々と発売されている。

『婦人画報』2023年1月号

 12月1日に発売された『婦人画報』2023年1月号(ハースト婦人画報社)は、豪華3大付録が付いた新年特大号だ。増刊特別版の表紙を、能楽観世流の観世三郎太さんが飾った。

左:『婦人画報』1月号通常版表紙 右:『婦人画報』1月号増刊観世三郎太特別版表紙
左:『婦人画報』1月号通常版表紙 右:『婦人画報』1月号増刊観世三郎太特別版表紙

 室町時代初期に能楽を大成した観阿弥・世阿弥を流祖とする観世宗家は、三郎太さんの父である当代の観世清和さんで二十六世。誌面では、2022年6月に三郎太さんが初演した能『翁』を中心に、観世宗家を特集している。


 今号の3大付録は、通常版と特別版で一部異なる。

『婦人画報』1月号通常版付録

①特別付録 「和ダイアリー」2023
②別冊付録 2023年版厳選レストランガイド35
③綴じ込み付録 婦人画報のお取り寄せ「新年を飾るお菓子と御馳走」
『婦人画報』1月号通常版付録
『婦人画報』1月号通常版付録

『婦人画報』1月号増刊観世三郎太特別版付録

①綴じ込み付録1 婦人画報謹製卯年年賀状
②別冊付録 2023年版厳選レストランガイド35
③綴じ込み付録2 婦人画報のお取り寄せ「新年を飾るお菓子と御馳走」
『婦人画報』1月号増刊観世三郎太特別版付録
『婦人画報』1月号増刊観世三郎太特別版付録

 このほか、2023年に叶えたい初夢旅、ピアニスト反田恭平さん×務川慧悟さん新春特別対談、徳川宗家に伝わる祝いのかたちなど、新年にふさわしい特集が多数組まれている。



『Richesse』No.42冬号

 フランス語で「裕福」、「豊かさ」を意味する『Richesse(リシェス)』(ハースト婦人画報社)No.42冬号は、11月28日に発売された。

『Richesse』No.42冬号表紙
『Richesse』No.42冬号表紙

 全62ページの総力特集は、「東京ハイエンドライフ」。つねに進化を続ける都市・東京の、レジデンス、ショッピング、グルメなど最新のハイエンドな情報を掲載している。


 また、2022年9月に96歳の生涯を全うした英国エリザベス女王の特集も。国家への義務と奉仕に尽くした一方で、動物と田園を愛していた故・女王。誌面では、動物たちや自然と触れ合う在りし日の姿をたどっている。


 このほか、パスポート不要のリゾート・北海道ニセコエリアの魅力、2022年を華やかに締めくくるホリデーシーズンの贈り物リストなどが特集されている。スペシャルインタビューは、俳優の小雪さん。東京と地方を行き来しながら3児を育てる暮らしの中で、得た学びや豊かさを語った。



『家庭画報』2023年1月号

 12月1日に発売された新春特大号『家庭画報』(世界文化ホールディングス)2023年1月号も、新年を祝う特集が目白押しだ。プレミアムライト版は予約が殺到し、創刊以来初の発売前重版となった。

『家庭画報』2023年1月号通常サイズ版表紙
『家庭画報』2023年1月号通常サイズ版表紙

 巻頭特集「日本の絶景 神社巡り」は二部構成。第一部は、俳優の大地真央さんが「古事記ゆかりの地」である淡路島、日向の神社を巡る。第二部は、神社参拝のしかたやわが家に神様をお迎えする方法など、暮らしの中で運を開く方法を紹介している。

■第一部  日本の神様に開運祈願 古事記ゆかりの地へ(訪れる人:大地真央)
■第二部  わが家をパワースポットに!神様をお迎えする 開運習慣

 『家庭画報』にて人気連載中の家政婦・タサン志麻さんも、今号に登場。現代の嗜好に合わせ、フランス風にアレンジしたおせち料理のレシピを教えてくれる。


 このほか、オペラ王「ヴェルディ」の魅力、平戸・松浦家のお正月などを特集している。さらに、内田有紀さん、松重豊さんら"年男年女"の正月きもの姿や、松本幸四郎さん×市川染五郎さんの父子対談、2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」で主演を務める松本潤さんのインタビューなども掲載している。

 今号には、以下の特別付録もついてくる。

『家庭画報1月号』新春特別付録

① 別冊付録 羽生結弦オリジナルBOOK「新たな伝説の幕開け」
 ※羽生結弦オリジナルBOOKの一部写真は、通常サイズ版とプレミアムライト版で絵柄が違います。
② 別冊付録 ヴァン クリーフ&アーペル「比類なきダイヤモンドの物語」
③ レオナール・フジタ 藤田嗣治 猫のマルチクロス(サイズ20×20cm)
 ※2種類あり、どちらか1枚がつきます。柄は選べません。プレミアムライト版にはつきません。
『家庭画報』2023年1月号通常サイズ版付録
『家庭画報』2023年1月号通常サイズ版付録

『家庭画報』2023年1月号プレミアムライト版付録
『家庭画報』2023年1月号プレミアムライト版付録

 「プレミアムライト版」の羽生結弦オリジナルBOOKの表紙には、こちらをまっすぐに見据えるカットが使われている。予約が殺到したのはこの写真のためかもしれない。



 付録も見応え、読み応えがある豪華さはさすが。新年の幕開けにぴったりの女性誌を手に入れて、華やかに2023年を迎えよう。


※画像提供:ハースト婦人画報社、世界文化ホールディングス




 


  • 書名 婦人画報 2023年1月号
  • 出版社名ハースト婦人画報社
  • 出版年月日2022年12月 1日
  • 定価1,400円(税込)
  • 備考書誌情報は観世三郎太特別版のもの

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

付録がすごいの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?