本を知る。本で知る。

100日で1200語が自分のものに! 中学入試対応『小学生の言葉力』

1日10分 小学生の言葉力1200 中学入試対応

 2022年9月8日、『1日10分 小学生の言葉力1200 中学入試対応』(学研プラス)が発売された。

book_20220914155258.jpg

 本書は、2007年の発売以来たくさんの小学生に選ばれてきた『中学入試 言葉力1200』を改訂したもの。中学入試にも対応した、本格的な語彙力が身につく1冊。

 読解が苦手という子どもは、語彙が足りていない場合が多いという。「じゃあ語彙力をつけよう!」と思っても、何から手をつけたらいいのか......。そんなときに役立つのが本書。中学入試の読解の文章も分析しているため、小学生に必要な言葉を効率的に学ぶことができる。早くたくさんの言葉に触れれば触れるほど、覚えれば覚えるほど、「言葉の力」は強く豊かになっていく。

書いてみるからこそ「力」になる

book_20220914143758.jpg
上段で言葉を確認・理解できたら、下段の穴埋め問題で知識を確認!
book_20220914143800.jpg
文を作ってみることで、「使う」場面を意識しよう。

 言葉の本には漫画などで楽しく学べるものも多いが、読むだけで本当に語彙力がつくのかと思う人もいるのでは?

 本書には「穴埋め問題」「文作りトレーニング」という「書く」ための2つのステップがある。下段の穴埋め問題で知識を確認し、身につけることができたら、文作りトレーニングで知識を使ってみる。実際に「使う」場面を意識しながら学ぶことで、「言葉力」が向上する。

自分に合った順番で進めてOK

book_20220914143656.jpg

厳選された1200語は、「基本の言葉」「物語文の言葉」「説明文・論説文の言葉」という3つのカテゴリーに分かれている。順番どおりでも、苦手なものからでもOK。自分の状況に合わせて学習することができる。毎日10分、コツコツと続けていけば、約100日で1200もの言葉が自分のものに! 中学受験対策としても活用しやすい構成だ。

時代に合わせて1200語を見直し

 今回の改訂にあたり、旧版に収録されていた1200語すべてを見直し、検討したという。変化が大きかったのは外来語。15年経つと、もう当たり前の言葉になっていたり、15年前にはあまり意識していなかった概念が出てきていたり。小学生が学ぶ言葉にも、世相がかなり反映されている。

 新たに加わった言葉は以下のとおり。

サスティナブル/コンテンツ/コラボレーション/グローバル/クレーム/スタンス/コンセプト/オプション/アップデート/モチベーション など

 「言葉力」は大人になっても大事。中学入試の予定がある・ないにかかわらず、多くの子どもたちに手にとってほしい1冊。


※画像提供:学研プラス


  • 書名 1日10分 小学生の言葉力1200 中学入試対応
  • 監修・編集・著者名学研プラス 編、中学受験専門塾 アクセス 国語指導室 監修
  • 出版社名学研プラス
  • 出版年月日2022年9月 8日
  • 定価1,980円(税込)
  • 判型・ページ数B5判・240ページ
  • ISBN9784053056078

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?