本を知る。本で知る。

DODブランドブックから「ビッグトート」と「ウォレットショルダー」全6種発売決定

DOD BIG TOTE BAG BOOK BLACK

 

   大阪発の人気アウトドアブランド「DOD(ディーオーディー)」は、独特のネーミングセンスとシンプルで使い勝手の良いデザインが支持されている。一度見たらなぜだか頭に残るうさぎのロゴが印象的で、Instagramのフォロワー数は36万人を超えている。

 

   宝島社から発売されている「DOD」のブランドブックは累計40万部突破の大ヒットシリーズ。第4弾目となる今回は、「ビッグトートバッグ」と「ウォレットショルダーバッグ」がそれぞれブラック・カーキ・ベージュの3カラー展開、全6種が登場する。4月5日の発売に先立って、3月2日から予約受付を開始した。

book_20220304162730.jpg
DOD BIG TOTE BAG

キャンプ用品など、かさばりがちな荷物がたっぷり入るビッグトート

 

   DODブランドブック史上最大のサイズとなるビッグトートバッグは、アウトドアシーンやピクニック、旅行などのお出かけに最適。サイズはタテ36×ヨコ54.5×マチ17cmと、荷物が増えても簡単に肩掛けできるのが嬉しい。

book_20220304162755.jpg

 

   もちろん手で持っても地面につかないベストな長さなので、手持ち利用もできる。他にも、Dカン付きなので、帽子やドリンクをぶら下げることができ、内側のポケットにはスマホやICカードなどを入れると便利だ。

book_20220304162821.jpg

 

   また、フロントポケットには、同時に発売される「ウォレットショルダーバッグ」がすっぽり収納できる。ポケットからひょっこりと顔を覗かせる様子がとってもキュートなので、ついつい2アイテムゲットしたくなってしまう。

book_20220304162842.jpg
ポケットからひょっこり

アウトドア感◎ポケット多数の機能派「ウォレットショルダー」もゲットしたい!

 

   トートバッグと同時に発売されるのは「ウォレットショルダーバッグ」。トレンドのアウトドア感溢れるデザインで、アクセントとなるバックルベルトがお洒落。

book_20220304162905.jpg
DOD WALLET SHOULDER BAG

 

   中を開くと、お札入れ、小銭入れ、カードポケット4つに加えて、メッシュポケットとPVCポケット付きの機能派アイテム。お財布としての利用にプラスして、リップやイヤホンなどの小物も収納でき、キャンプ場や音楽フェスでも大活躍しそう。

book_20220304162923.jpg
ポケットが便利

 

   さらに裏面のPVCポケットは、スマホを入れたままの操作ができるので、登山やキャンプなど、直接スマホを出すのが面倒なときにも便利な機能となっている。

book_20220304162941.jpg
タテ20.5×ヨコ13.5cm/ショルダーストラップの長さ137cm(最長)

 

   さらに、宝島チャンネル限定で発売されるベージュカラーのアイテムにはノベルティが付いてくる。こちらも併せてゲットしておきたい。ただし、準備数に達し次第終了するので、ご注意を。

   ▼トートバッグノベルティ...ミニトートバッグ1個(カラーはランダム、全3種)

book_20220304162958.jpg

   ▼ウォレットショルダーバッグ ノベルティ...ニンジンペン1本

book_20220304163010.jpg

   

   ちなみに、昨年8月に発売された「トランスフォームショルダーバッグは予約受付開始後2週間で完売したカラーもある。今回も店頭発売後すぐに完売が予想されるので、ゲットしたい方は予約をおすすめする。第2弾「マルチバックパック」と第3弾「トランスフォームショルダーバッグ」は、重版されているので、気になる方はチェックしてみよう。


※画像提供:宝島社

 
  • 書名 DOD BIG TOTE BAG BOOK BLACK
  • 出版社名宝島社
  • 出版年月日2022年4月 5日
  • 定価2,189円(税込)
  • ISBN9784299026330
  • 備考【ブラック・カーキ】ローソン、HMV、HMV&BOOKS onlineおよび宝島チャンネルにて販売 【ベージュ】宝島チャンネル限定販売

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?