本を知る。本で知る。

憧れの人物になり代われるとしたら、あなたはどうしますか?『あの子より愛して』

あの子より愛して

 もし、羨ましいと思っていた人物になり代われるとしたら、あなたはどうするだろうか? その人物になりきって欲しかったものを手に入れる? それとも――。

 漫画『あの子より愛して』の主人公は、なり代わることを選択した。

book_20211209134642.jpg
book_20211209134642.jpg

 主人公の「私」は、ちょっと派手めの可愛らしい少女。冒頭では「アンナ」と名乗る「私」は、初対面のはずの男・ハルヤに積極的にアプローチをしかけていく。「ハルヤくん本当に優しいね!」と、あざとすぎるくらいにアピールする。

 しかし、本当の「私」はそんな人間じゃない。そもそも名前も「アンナ」ではない。

 どういうことだろうか。――実は、派手な装いも「アンナ」という名前も、全部亡くなった妹のもの。

 「私」は、以前はずっと地味でコミュニケーションも苦手だった。一方、妹の杏奈はその真逆で、派手で可愛らしく人望も厚かった。「私」はずっと、そんな妹にコンプレックスを抱いていた。ネット上の知り合いだというハルヤの写真を見せられたときには、妬みの感情が募った。

 しかし突然、杏奈が急逝する。「私」はそれを悲しむ――ことはなかった。

「フキンシンだけど思ったの。『これはチャンスだって』」

 「私」は妹になり代わり、「アンナ」として生きることに決めた。「アンナ」として振る舞い、ハルヤに近づいた。そして見事、ハルヤの側も乗り気だったこともあり、交際することに成功する。

©Hitsuji Hitsujima/LINE Digital Frontier
©Hitsuji Hitsujima/LINE Digital Frontier

 これだけでも十分に複雑だが、ハルヤの側にも隠された思惑があったことで、事態はさらに複雑さを増していく。

 ハルヤには溺愛する弟がいる。目に入れても痛くないとばかりに、弟のことを可愛がっていた。

「兄ちゃんがついててやらないとダメなんだろ」

 そんなある時、弟がいじめられたことを知る。犯人を聞くと、それはどうやら派手な女らしい。――そう。実はそれは杏奈のこと。ハルヤは復讐のため、「アンナ」と交際したのだった。

 もちろん、復讐の相手が既に亡くなっていて、目の前の相手が偽物だとは知る由もない。それぞれの思惑が複雑に絡み合い、事態はさらに混迷を深めていく。

 他人になり代われば、その咎までも背負わなければならない。思わぬ落とし穴にゾクゾクする、スリリングな作品。

※画像提供:LINE Digital Frontier
BOOKウォッチ編集部

  • 書名 あの子より愛して
  • 監修・編集・著者名ひつじま羊
  • 出版社名LINE Digital Frontier

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?