本を知る。本で知る。

【これ、付録です!】NYでも玉ねぎヘア。黒柳徹子のおしゃれエコバッグ

with 12月号

   ニューヨーク留学時代の黒柳徹子さんの写真がプリントされた「SNIDEL×黒柳徹子with40周年コラボエコバッグ」が、「with12月号」(講談社)の特別付録に登場した。

book_20211105120147.jpg
SNIDEL×黒柳徹子with40周年コラボエコバッグ(提供:講談社)

   なぜ黒柳徹子さん?と思ったら、創刊のときから40年間、形を変えながら黒柳さんの連載が続いており、働く女子のレジェンドというリスペクトから。いつも女性を前へ向かわせてくれるパワーを発している黒柳さんとのコラボは「with」という女性誌を支える柱の1つだったのだ。

book_20211105120205.jpg
肩にかけた様子(撮影:BOOKウォッチ編集部)

   エコバックは、働く女性から絶大な支持を受けているブランド「SNIDEL」(スナイデル)のデザインだ。サステナブルなモノづくりでも話題で、エコバックの素材はサステナブルな再生ポリエステル100%、環境に配慮することを第一に考えたという。

   くすみピンクを基調とし、ニューヨークの街角でわたあめを頬張る黒柳徹子さんがプリントされたデザインが特徴的。茶色のロゴリボン付きだ。

book_20211105120223.jpg
「黒柳徹子さんのNY留学時代の写真」をプリント(提供:講談社)

   サイズは縦375mm×横325mm(マチ80mm)と、見た目以上にしっかりと収納できるのでA4サイズの雑誌や書類も収まるのも嬉しい。

   さらに中身が見えないように、付属のリボンでくくったり、使わない時は小さくまとめてたたんでおけばコンパクトに持ち運べるのもポイントである。

book_20211105120238.jpg
リボンで結んでコンパクトに(撮影:BOOKウォッチ編集部)

   創刊40周年を記念した本誌には、女性たちがいつでも自分らしく自由に人生を歩めるようにと応援してきた「with」が、改めて創刊号に掲げた所信表明が掲載されている。

YOU CAN CHOOSE ANY DOOR IN FRONT OF YOU,OR MANY DOORS IF YOU WANT. NO MATTER WHEN,NO MATTER WHERE. NO MATTER WHAT HAPPENED.
YOU ARE ALWAYS SHINNING.
book_20211105120256.jpg
創刊号での所信表明(提供:講談社)

このメッセージは、現代を生きるすべての人たちにも伝えたい、変わらない想いです。

   これからも自分らしく歩んでいきたいと思わせてくれるメッセージだ。

キンプリのチーム力に迫る。

   King & Princeの5人が表紙を飾る「with12月号」(講談社)が発売された。特集は「働く女子による、働く女子のための#OL大賞」である。

総括2021年、OLを取り巻く環境ってこうでした。
FASHION
#通勤ファッションも自己愛高めでごめんあそばせ 働く女子的優秀通勤服アワード
LIFESTYLE
#withコロナ2年目。私たちの生活はどう進化した?働く女子的ライフスタイル大賞
BEAUTY
自分アゲに欠かせない愛しきパートナー 最愛OLコスメ大賞
PEOPLE
#生まれてきてくれてありがとう 働く女子的推しPEOPLE OF YEAR
WORKSTYLE
#あなたたちがいれば未来は明るい 一緒に働きたいで賞
RECOMMENDS
日本のOLをもっと幸せにする委員会Presents!働く女子に捧ぐ#私的OL大賞

   デビュー4年目を迎えた今でも、グループでの人気も、個人としての活動も留まるところを知らないKing & Prince。「24時間テレビ」のメインパーソナリティーや、全国ツアーを完走する傍ら、メンバー全員がそれぞれドラマや映画で活躍している。そこで「チーム力」を活かしながら、個々で活躍している彼らに、チームにまつわる質問やリーダー論、自己分析を聞いた。

   インタビューに目を通せば通すほど、それぞれがメンバーを大切にしていることが分かる。常に未来へと舵を切り続ける彼らから目が離せそうにない。

book_20211105120314.jpg


※撮影:BOOKウォッチ編集部

  • 書名 with 12月号
  • 出版社名講談社
  • 出版年月日2021年10月28日
  • 定価840円

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

付録がすごいの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?