本を知る。本で知る。

これが美への近道かも。自分へのご褒美にしたい美容家電

 キレイを磨きたい人の近道ともいえる美容雑誌「VOCE」2021年1月号(講談社)。表紙は笛吹きでモデルのCocomiさん。言わずと知れた木村拓哉さんと工藤静香さんの長女である。今回、誌面では、"About BEAUTY"、"Abouto ME"、"About MY LIFE"をテーマに、27の質問に答えている。19歳の等身大の私生活や素顔が垣間見える内容だ。

画像は、「VOCE」2021年1月号(講談社)。左が通常版(付録あり)の表紙で、右が増刊版(付録なし)の表紙(撮影:BOOKウォッチ編集部)
画像は、「VOCE」2021年1月号(講談社)。左が通常版(付録あり)の表紙で、右が増刊版(付録なし)の表紙(撮影:BOOKウォッチ編集部)

 サラサラなロングヘアが印象的なCocomiさんだが、サロンへ行くのは年1回程度というから驚く。キープするひけつは「つげ櫛のおかげかな」と答えた。つげ櫛は母親からのプレゼントだそう。てっきり毎週サロン通いかと思い込んでいた記者は、椿油をぬってつげ櫛で髪をとかすという昔ながらの美容法を取り入れる一面にギャップ萌えした。

VOCEが選ぶ、2020年下半期ベスコス

 「VOCE」1月の特集は、「2020年下半期VOCE ベストコスメ」信頼度ナンバーワンと自負する、美のスペシャリストたち61名が審査員となり、今もっとも頼れる逸品をセレクトしている。

 そのほか、注目したいのは、家電オタクの美のプロたちが選んだ「VOCE2020年下半期 美容家電ベスコス」。 おこもり期間に、おうち美容に目覚めた人もいるのでは。毎朝顔を洗うのと同じように美容家電でケアする習慣は、これから美のニュースタンダードになりそう。

 誌面では、最新型のスチーマーやドライヤー、リフトケア美顔器、シート型で座っているだけで筋肉を刺激するEMS、首肩のコリにアプローチできるハンディマッサージャーなどが紹介されている。自宅で好きな時にケアする気持ちよさを感じれば、心もリフレッシュできることだろう。今年一年、がんばった自分へのご褒美には、美容家電がいいかもしれない。

 「VOCE」2021年1月号には、付録ありの通常号と付録なしの増刊号がある。それぞれ表紙と値段が異なる。通常号の付録については「美容家が『自分も欲しい!』 美肌をめざす3つの付録」を参照。



   

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?