読むべき本、見逃していない?

スーパーの袋詰めストレスがなくなる 折りたたみ式「レジかごバッグ」がついてくる

 スーパーマーケットで買い物をしたあと袋詰めがうまくできずに時間がかかってイライラした経験、誰でも一度はあるのでは。そんなストレスがなくなる、レジかごサイズの折りたたみバッグが、雑誌「素敵なあの人」(宝島社)2020年5月号の付録になっている。

600_20200317_093849.JPG
写真は、「素敵なあの人」(宝島社)2020年5月号付録「折りたたみレジかごバッグ」(撮影:BOOKウォッチ編集部)

 スーパーの会計時にレジかごにセットしておけば、店員が清算済の物を詰めてくれた状態のままで持ち帰れる。デザインは「ケイ ハヤマ プリュス」とのコラボで、春らしいさわやかなブルー系の地に色とりどりの花があしらわれている。

800_20200317_094051.jpg
写真は、「素敵なあの人」(宝島社)2020年5月号付録「折りたたみレジかごバッグ」(撮影:BOOKウォッチ編集部)

 サイズは、約幅56センチ、高さ約26センチ(巾着部分含まず)、マチ23.5センチ。上部は巾着になっていて、中身が見える心配もない。

800_20200317_094225.JPG
写真は、「素敵なあの人」(宝島社)2020年5月号付録「折りたたみレジかごバッグ」を折りたたんだ様子(撮影:BOOKウォッチ編集部)

 折りたたむと、長辺20センチ程度になる。散歩がてらの買い物や、旅行先で急に荷物が増えたときのサブバッグにも重宝しそうだ。

20200317093945506_0001.jpg
写真は、結城アンナさんが表紙を飾る「素敵なあの人」(宝島社)2020年5月号

 特集は、「思わず自慢したくなる60代のプチプラ指名買いリスト」。ユニクロ、GU、H&M、無印良品など、トレンドを抑えた手ごろな価格のブランドの中で、結城アンナさんやスタイリストなどファッションのプロが「これは買い!」と太鼓判を押したアイテムを紹介している。

 安いのにかわいい"プチプラ"アイテムは若い人だけのものではなく、大人世代も上手に取り入れられるもの。子どもや孫と買い物に行くのがさらに楽しくなりそうな内容だ。


付録がすごいの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?