本を知る。本で知る。

下重暁子さんが「挫折」を語る

 『家族という病』のベストセラーで知られるエッセイスト、下重暁子さんの最新刊が出た。

 『人生にとって挫折とは何か』 (集英社新書)。「過ぎし日の挫折を人生の彩りへと昇華する極上の哲学」というキャッチが付いている。「挫折とは何か」「挫折を通じて自らと向き合う」など5章に分けて「挫折」の意義を説いている。アナウンサー、キャスター、文筆業と多彩に活躍してきた下重さんも挫折の連続だったという。

 BOOKウォッチでは下重さんの『極上の孤独』(幻冬舎新書)を紹介済みだ。

zasetu.jpg
写真は『人生にとって挫折とは何か』 (集英社)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

新刊の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?