読むべき本、見逃していない?

「別冊カドカワ」異例のプロボクサー井上尚弥を総力特集

 一冊一人をテーマに、日本のカルチャーシーンをけん引する人物を特集する「別冊カドカワ」(KADOKAWA)。2019日10月25日発売の最新号では、プロボクサーの井上尚弥さんをフィーチャーしている。

20191030_inoue.jpg
写真は、プロボクサーの井上尚弥さん

 同誌は、1999年の創刊以来ミュージシャンを中心に特集しており、プロボクサーをフィーチャーするのは非常に異例。スポーツ選手と取り上げるのは2017年3月の大谷翔平さん以来、2人目となる。

 井上さんといえば、ボクシング界で前人未到の道を歩む「開拓者」ともいうべき存在。ボクシングの各団体のチャンピョンたちが王座を争うトーナメント戦「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ」の決勝戦が間近(2019年11月7日)に迫っており、さらに注目が集まっている。

 本書では、井上さんの強さのひみつや魅力を本人へのロングインタビューおよびボクシング界のレジェンド、有識者らの協力を得てひも解いていく。ビートたけしさんと井上さんの特別対談も収録されている。

20191030_inoue_02.jpg
写真は、「別冊カドカワ 総力特集 井上尚弥」(KADOKAWA)の表紙

 BOOKウォッチでは、ボクシング関連で『アリ対猪木』(亜紀書房)も紹介している。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?