読むべき本、見逃していない?

渋沢栄一『現代語訳論語と算盤』ロングセラーに、25万部突破

 2010年に刊行した渋沢栄一『現代語訳論語と算盤』(ちくま新書/守屋淳=訳)が、2019年9月11日の39刷重版によって累計発行部数が25万部を突破した。

 2018年10月、中日・根尾昂選手の愛読書として『論語と算盤』が紹介され、2019年4月9日、新一万円札の顔に決定、9月9日には2021年NHK大河ドラマが渋沢栄一の生涯を描く「青天を衝け」に決定と、渋沢栄一の話題が相次いだことで、2018年10月から2019年9月までの直近1年では、累計11万4100部の重版となっている。

sibusawa.jpg
『現代語訳論語と算盤』(ちくま新書)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

ベストセラーの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?