本を知る。本で知る。

「インスタ映え」にアサヒカメラが怒りの一撃!

 「インスタ映え」写真、見飽きました――この言葉が2017年の流行語大賞に選ばれてから1年半以上。今や写真コンテストでも、どこかで見たことがあるような写真ばかりが並び、プロの写真家たちから「レタッチしすぎ」という声があがっているほど。「自然」を撮っているのに「不自然」に見えてしまうのだ。

 そこで「アサヒカメラ2019年9月号」では、氾濫するレタッチしすぎの劇的写真に警報を鳴らすため<風景写真があぶない!「レタッチしすぎ」の罠>と題した特集を組んでいる。 「ありえないでしょう、 こんな風景写真は!」

 劇的な色や光を求めてレタッチに時間をかけるあまりに、オリジナルの色がわからなくなる。ところが、見栄えの良さもあって写真コンテストでもレタッチまみれの「ギラギラ系」風景写真が入選してしまう。

 では、 どうしたらいいのか?

 写真家の山口高志さんが「適正なレタッチとは何か」をテーマに、実践的なアドバイス。さらにプロ写真家の撮影後の作業フローに密着し、撮った後の写真のセレクト、現像、プリント、バックアップなどを62ページにわたって特集している。

asakame.jpg
「アサヒカメラ2019年9月号」(朝日新聞出版)

トピックスの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?