読むべき本、見逃していない?

刊行トークイベント『僕は偽薬を売ることにした』著者の水口直樹氏がニセモノだからできる偽薬の効き目に迫る。

 京大薬学系大学院を修了、製薬会社の研究員として薬品の開発を手がけた水口直樹さんは、現在、偽薬の販売を手がけている。高学歴の元エリート研究員がなぜ偽薬(プラセボ/プラシーボ)に注目しているのか。
 水口さんは、科学では証明できないが効きめがある偽薬について著書『僕は偽薬を売ることにした』(国書刊行会)に詳しくまとめているが、このほど、刊行を記念してトークイベントも実施する。

 『僕は偽薬を売ることにした』刊行記念トークイベントは、次の日程で開催される。

 ○丸善 京都本店 (京都)
  2019年9月7日(土)14:00~
  ※京都会場は満席となりました。

 ○八重洲ブックセンター本店 (東京)
  2019年9月20日(金)19:00~

 書籍だけではなく、直接、水口さんから「プラセボ/プラシーボ(偽薬)の効果」の話を聞いてみたい人は要チェックだ。


gi.jpg
『僕は偽薬を売ることにした』(国書刊行会)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

イベントの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?