読むべき本、見逃していない?

山と溪谷社が『ドキュメント豪雨災害』、7月5日刊

 山と溪谷社は2019年7月5日、『ドキュメント豪雨災害 西日本豪雨の被災地を訪ねて』を刊行する。広島や岡山など最近の豪雨災害地を訪ねて、丁寧に検証しているのが特徴。人はなぜ逃げ遅れてしまうのか? どうすれば命が助かったのか。その答えを探り、現地取材を重ね、専門家の意見とともにまとめたのが本書。1600円+税。
 著者の谷山宏典さんは1979年生まれ。明治大学文学部史学地理学科卒業。大学時代は山岳部に所属し、2001年には明大隊の一員としてガッシャーブルムI峰(8068m)と同II峰(8035m)に登頂。その後 編集プロダクション勤務を経て、09年からフリーのライター。著書に『山登りABC 難所の歩き方』など。


gou.jpg
『ドキュメント豪雨災害 西日本豪雨の被災地を訪ねて』(山と溪谷社)

最新のトピックス一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub