読むべき本、見逃していない?

今年も国内外の障害のあるアーティストから作品を募集「第2回 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展」

 日本財団は、誰もが参加できるインクルーシブな社会の実現を目指し、障害者に関わる事業に多角的に取り組んでいる。そのひとつである「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS」はアートを通じて多様性の意義と価値を広く伝えることを目指し、国内外の障害のあるアーティストから「第2回 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展」の作品を募集する。

 絵画、イラスト、グラフィックデザイン、書、写真、造形など素材やテーマは自由。7名の美術家や美術関係者が、各々の領域の知見で作品を選定する。応募受付期間は2019年9月1日~20日。作品持込期間は9月10日から20日。
※日本国外からの応募については、写真審査を経た後、現物審査。詳細は日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS ホームページまで。

 事業についての問い合わせは「一般財団法人 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS」
 (TEL.03-5577-6627  e-mail:info@diversity-in-the-arts.jp)まで。
  ※@は小文字
 作品募集に関する問い合わせは「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展 係」
 (TEL.06-4305-7518  e-mail:contest@diversity-in-the-arts.jp)まで。
  ※@は小文字

 2018年度は国内外から2256点の応募があり、選ばれた作品による展覧会が東京、横浜で開かれ、入選作品の図録も作成された。


d270.jpg
「第2回 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展」の作品を募集

トピックスの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?