読むべき本、見逃していない?

「人生に迷う君に送る24の手紙」 永松茂久著

  • 書名 人生に迷う君に送る24の手紙
  • 監修・編集・著者名永松 茂久 著
  • 出版社名プレジデント社
  • 出版年月日2019年5月31日
  • 定価本体1500円+税
  • 判型・ページ数四六判・272ページ
  • ISBN9784833423076

「嫌なことにノーと言えない」「目の前の情報に振り回される」「完璧主義で妥協ができない」...日々、やらなければならないことに追われながら「このままでいいのか」と悩みが尽きずもんもんとする。自分の人生について真剣に考えているからこそなかなか前に進めない人に送るメッセージ集。

3坪のたこ焼きの行商から営業職などを経て、作家として執筆活動を続ける異色の経歴の著者。数多くの仕事の経験から、次の行動に一歩を踏み出すことができない人は、「失敗への恐れ」「世間体」「過度な劣等感」といった思い込み=無駄な思考=のせいで、どうしても行動が鈍くなりがちと説く。

まずは思い込みを捨て、頭の中をいったんクリアな状態にする。そうすることで、周りに振り回されることなく、自分の中に軸ができて、困難な状況から脱することができるようになる。人生は、無駄な思考を捨てることから動き始める。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

夕刊フジ

産業経済新聞社発行が発行する、首都圏・近畿圏を中心に販売されているタブロイド判夕刊紙。ターゲットは30代~60代を中心とした都市型男性ビジネスマン。 WEB版は「ZAKZAK」(http://www.zakzak.co.jp/)で、紙面と同じ記事だけでなく、WEBオリジナルの記事も人気。 書評は毎日掲載しており、紙面ではこのコラムで掲載されたもの以外も読むことができる。

記事一覧 公式サイト

夕刊フジの書評からの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?