本を知る。本で知る。

バス旅・蛭子能収さんの最初の仕事はバスの車掌だった!

死にたくない

 2年前、テレビ東京系の伝説の番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」を惜しまれながら引退した漫画家の蛭子能収(えびす・よしかず)さん。いつの間にか太川陽介さんとのコンビを復活させ、新しいバス旅の番組に登場していた。

 嫌なものは嫌と、決して自分の主張を曲げない。いつもマイペースの蛭子さんを「現代の自由人」と慕うファンは少なくない。そんな蛭子さんが自らの人生観を綴ったのが、本書『死にたくない』(角川新書)である。

 執筆時点で71歳だった蛭子さん。テレビのレギュラー出演のほか、漫画やイラストの連載を6つ抱えているという。とにかく働いていれば調子が出るという蛭子さんだが、「ただお金がほしいから働いてきただけ」と冒頭に書いている。

 お金にこだわるのは、お金があれば自由が得られる。自由が得られると、人と争わずに生きていくことができる。また、人と争わなければ、人に殺されることもないはず。ひとことでいえば、「死にたくない」と思って生きてきただけだという。

葬式に行くと笑ってしまうから行かない

 本書は編集者に「人生100年時代」をテーマに執筆を依頼されたそうだ。まじめなことを書いているが、その中に蛭子さんらしいエピソードも紛れているので、紹介しよう。

 人の葬式にまったく行かない代わりに、自分の葬式にも来てもらわなくていいと考えているそうだ。なぜなら、葬式に行くと、葬儀の最中に必ず笑ってしまうからだ。子どもの頃からの悪いクセで、笑い出したら止まらなくなる。全員が神妙な顔をしていると葬式全体が"喜劇"のように見えて、がまんすればするほど、笑いが攻めたててくるという。だから、なるべく葬式には近づかないようにしている。

 日本人男性の平均寿命まで、あと10年余となったことを知り、「漫画をもっとしっかり描けばよかった」と後悔しているという。「ヘタウマ」ブームに乗ってデビューしたが、自分のマンガはただの「ヘタ」と書いている。

テレビに出てから漫画が売れなくなる

 漫画家、タレントとしての人生について、こう述懐している。ノーギャラの「ガロ」で描いたのは、いずれお金がもらえる雑誌から声がかかることを期待してのこと。「いまは損して得を取ろう」みたいな気持ちがあったという。

 その後、テレビに出るようになるとギャラの次元がまったく違うので、「こりゃいいや」とタレントの仕事を引き受けた。最初は漫画の宣伝になると思ったのに、漫画が売れなくなった。蛭子さんの作風はけっこう残酷で、エログロが多い。作風とテレビに映る本人のイメージが合わず、逆効果になったのだ。

 漫画家になるまでのさまざまなアルバイトや仕事にもふれている。長崎の高校生のときの「バスの車掌」が最初の仕事だ。帰りは終点の車庫から家まで歩いて帰る。いまも仕事でバスに乗るのは不思議な気持ちだという。

 上京後は渋谷の看板屋で働いた後は、ちり紙交換の仕事を1年半。その後はダスキンの営業を7年。「仕事を辞めても、すぐに次の仕事を探してまた働く」ということを繰り返してきた。

高齢者はプライドを捨てよ

 だから、高齢者にも「どんな仕事でもいいから、働けるうちは働いたほうがいいですよ」とアドバイスを送りたくなるという。好きな仕事とか、仕事の意味とか考えず、お金をもらうためにがんばるのみ。それで、それなりに幸せな人生を送ってきたと。

 終活についてもいろいろ書いているが、自分を低目、低目に見積もっておくことが大事では、という。上から目線でプライドの高い高齢者ほど周囲に疎まれ、失敗しているのでは、と指摘する。

 その点、蛭子さんはプライドを持ったことがない。漫画に対する野心が減るにつれ、テレビの仕事が増えた。プライドをあっさり捨て去るだけで、「より豊かな人生」という果実を得られる、と説いている。

 最後に、漫画を描くのはストレスだし、バス旅の仕事はつらいことだらけだ、と書いている。それでもがっちり働いて稼ぐつもりだ、と結んでいる。

 ちょうど今日(2019年10月30日)夜6時55分から、テレビ東京系で「太川蛭子のバス旅2019 静岡県・三保の松原~山梨県・清里」が放送される。どんな泣き言を言いながら仕事をするのか注目したい。

  • 書名 死にたくない
  • サブタイトル一億総終活時代の人生観
  • 監修・編集・著者名蛭子能収 著
  • 出版社名株式会社KADOKAWA
  • 出版年月日2019年10月10日
  • 定価本体840円+税
  • 判型・ページ数新書判・200ページ
  • ISBN9784040823126

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?