読むべき本、見逃していない?

「名もなき家事」をやって妻の苦労をねぎらおう

  • 書名 妻のトリセツ
  • 監修・編集・著者名黒川伊保子 編著
  • 出版社名講談社
  • 出版年月日2018年10月18日
  • 定価本体800円+税
  • 判型・ページ数新書判・148ページ
  • ISBN9784065133392

 本書『妻のトリセツ』(講談社+α新書)をもっと若いときに読んでおけばよかった、と後悔する人は多いだろう。

 著者の黒川伊保子さんは、人工知能研究者で、『夫婦脳』、『恋愛脳』などの著書がある。 「妻から放たれる弾を10発から5発に減らそう」と本書の目的を書いている。なぜ、ゼロでないかというと、たまに妻の雷に打たれてくれるのがいい夫だからだという。

 それくらい、家事と育児のストレスは大きいそうだ。だから理不尽な理由で怒る。

 妻を傷つけるネガティブトリガーを作動させるNGワードはこんなものだ。

出産直後に「楽なお産でよかったね」。授乳期に「今日一日何してたの?」「ご飯ないの?」。家事・育児の大変さをぐちられた時に「俺の方がずっと大変」「手伝ってるじゃないか」

 あー、言った記憶があるという男性も多いだろう。

 名もなき家事が妻を追いつめているという。下記のタスクを夫はやってみよう、と著者は具体的に提案している。

・お米を切らさない
・猫砂を切らさない
・冷蔵庫の製氷機の水を切らさない
・コーヒーを切らさない
・トイレの黒ずみを防ぐ薬を週1で投入する
・毎朝、ペットに水とご飯をやる
・毎朝、ベランダの植物に水をやる
・洗面所の鏡をきれいにキープする
・肉を焼く
・そばをゆでる
・寝る前に米を研いで炊飯器にかける

 なんだ、この程度かと思うだろうが、「名もなき家事」に夫が気付き、手伝ってくれるだけで妻はうれしいという。

結婚記念日の予告は1か月前に

 反対にポジティブトリガーを作ることもできる。結婚記念日を活用しようと力説する。より幸せにするために「予告と反復」が効果的だそうだ。少なくとも1か月前には予告すること。妻は記念日までの4週間を、記念日以上に楽しみ、味わいつくすという。

 逆に「いつも君のことを思っている」ことをアピールできるのが普通の日だ。多少芝居がかっているが、「いつもコーヒーを淹れてくれる妻の代わりに自分でコーヒーを淹れて飲みながら『やっぱり君が淹れてくれるコーヒーの方が美味いんだよね。なんでだろ』と言う」ような行為も有効だそうだ。ちょっと手間のかかる夫が実は愛おしいのだ。それが女性脳だとも。

 著者によると、同居期間30年以上の離婚件数はこの30年で4倍に増えているという。熟年離婚を切り出されないためにも、本書のアドバイスは役立つだろう。ただし、絶対に妻に本書を読んだことを知られないようにすることだ。

 本書はじわじわと売り上げを伸ばしており、2019年3月12日トーハン調べではベストセラー(総合)の4位にランクインしている。  

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub