読むべき本、見逃していない?

ヒトラーとケネディは同じ成分の「薬漬け」だった

主治医だけが知る権力者

 絶対的な権力者が唯一、自分の弱みをさらけ出さないといけないのが医者だという。本書『主治医だけが知る権力者―― 病、ストレス、薬物依存と権力の闇』(原書房)は、権力者と医者、中でも主治医の関係を取り上げている。

 ヒトラー、ムッソリーニ、毛沢東、チャーチル、フランコ、ケネディ、スターリンなど8人の国家元首が登場する。抱えていた持病、ストレス、薬物依存、情緒不安定、薬物中毒などが明かされている。

毛沢東は過剰性欲者

 著者のタニア・クラスニアンスキはフランス生まれ。母はドイツ人、父はロシア系フランス人。パリで刑事専門の弁護士をしたあと、2016年に作家デビューした。最初の著書『ナチの子どもたち――第三帝国指導者の父のもとに生まれて』を執筆する中で、ヒトラーと主治医のテオドール・モレルの依存関係に衝撃を受け、本書のテーマに突き当たる。

 個別にはすでに書かれているケースも多い。毛沢東の主治医だった李志綏は世界的にベストセラーになった『毛沢東の私生活』(文藝春秋刊)を残した。歯を磨かず入浴せず、純朴な娘とベッドを共にする「赤い皇帝」の実像。しばしばダンスパーティを催し、お気に入りの女の子たちと人民公会堂の秘密の部屋に消える。過剰性欲者だった。

 李は「もし私が殺されてもこの本は生きつづける」の言を残し、本書が発売された3か月後、シカゴの自宅浴室で遺体となって発見された。

 本書でも、その『毛沢東の私生活』からの引用が多くを占める。李は毛の最側近として重用されていたこともあり、ふだんから様々な秘密の場所にも同席している。そのため、臨床に関する出来事以外についても生々しく、手厳しい。本書の著者クラスニアンスキは『毛沢東の私生活』を「卓越した書籍」と高く評価している。

さて現在の権力者は?

 2006年にアメリカで発表された研究によると、1776年から1974年までのアメリカの大統領37人のうち18人に広い意味での精神的疾患が見られたという。鬱病が24パーセント、アルコール障害8パーセントなど。

 本書では、ケネディが取り上げられている。若くてスマートで希望と活力に満ちたイメージで大人気だったケネディにとって、実は健康問題がアキレス腱だった。腎臓を病み、背中が痛む。性病用の抗生物質も飲み、腹部や胃の痙攣もあった。体の不調から薬を常用し、本書によれば「魔法の薬」を売ってくれる医者を探した。いっときのあいだ、自分をスーパーマンに変えてくれる医者を。それが、ニューヨークのセレブの間で「すばらしい注射をしてくれる」ということで大評判だった「名医」マックス・ジェイコブソンだった。

 ケネディはジェイコブソンの処方でさらに「薬漬け」に拍車がかかる。アンフェタミン、バルビタール、コカイン、ホルモン剤、ステロイド・・・。本書ではヒトラーの主治医から投与されていた薬と、ケネディが投与されていた薬は、ほぼ同じ成分だったと記している。そしてケネディがいかにジェイコブソンに頼っていたか、信じがたいような話が続く。著者によれば二人の深い関係は今も「秘密」であり、FBI資料は未公開だという。

 こうした最高権力者と主治医の関係は、これまでにもしばしば書かれているが、本書は有名どころがアンソロジーとして並んでいるので、読みやすい。邦訳されていない資料の参照も多い。登場するのはいずれも、何十年か前の権力者たちだが、さて現在の権力者はどうなのだろうか。つい最近まで「ソウルを火の海にする」と叫んでいた北朝鮮の権力者。つねに敵を見つけて吠えたてるアメリカの権力者。いろいろな意味で「病気」が心配になる人は少なくない。日本でも、開戦2日前に号泣していた東條英機とか、「本土決戦」を主張していた軍事指導者など、どうだったのか。何十年後かに、実は・・・ということが明かされても手遅れだ。

  • 書名 主治医だけが知る権力者
  • サブタイトル病、ストレス、薬物依存と権力の闇
  • 監修・編集・著者名タニア・クラスニアンスキ 著、川口明百美/河野彩 翻訳
  • 出版社名原書房
  • 出版年月日2018年7月25日
  • 定価本体2400円+税
  • 判型・ページ数四六判・325ページ
  • ISBN9784562055852

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?