読むべき本、見逃していない?

すぐれた「釣り小説」にして不思議な友愛の物語

書評掲載元:日本経済新聞 8月19日書評

影裏

 

 今期芥川賞受賞作。本作の受賞をめぐって選考委員会はもめにもめたという。「文藝春秋」9月号の選考委員の選評を読むとよくわかる。たとえば東日本大震災の扱いについて。宮本輝氏は「東日本大震災に向き合った数少ない小説と評する委員もいたし、たしかに震災が小説の後半においてキーワードにはなっているが、私は、あの巨大な震災など、この小説のどこにも書かれていないと感じた」と全否定だ。これに対し、島田雅彦氏は「あの日を境に変わってしまった世界の心象を繊細に掬い上げることに成功している」と肯定的だ。

 

 こう書くと、大震災がテーマのように受け止められるかもしれないが、それは少し違う。日経新聞書評の評者、佐々木敦氏(批評家)は「すぐれた『釣り小説』であると共に、不思議な友愛の物語である。そして捻じれた、しかし切実なアプローチによる『震災後小説』でもある」と書いている。

 

 本作がデビュー作で文学界新人賞にして芥川賞受賞作となった。ラッキーボーイだが、叙述は確かだ。東北・盛岡周辺の里川の描写がすばらしい。自然への感受性が素直な分、人間関係の問題がより浮き上がってくる。

 

 94ページという短さ。束の薄さが気になる。選考委員の奥泉光氏が「これは序章であって、ここから日浅と云う謎の男を追う主人公の物語がはじまるのでないかとの印象を持った。ぜひとも続きをお願いしたい」。気持ちのいい作品である。続きが読みたい。

  • 書名 影裏
  • 監修・編集・著者名沼田真佑 著
  • 出版社名文藝春秋
  • 出版年月日2017年7月30日
  • 定価本体1000円+税
  • 判型・ページ数四六判・94ページ
  • ISBN9784163907284

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?