本を知る。本で知る。

入るのか? やめるのか? 『孤独のグルメ』原作者が挑む「勝負の店」

勝負の店

 2022年9月22日、『孤独のグルメ』原作者・久住昌之さんの最新エッセイ集『勝負の店』(光文社)が発売された。

book_20220926115248.jpg

 ドラマ化された『孤独のグルメ』『花のズボラ飯』『食の軍師』などのグルメ漫画の原作を手がけてきた久住さん。本書は、旅先や散歩中に見かけた飲食店で、久住さんが飲み食いした体験をまとめたエッセイ集。

 見知らぬ38軒の飲食店で逡巡しながら食を楽しむ久住さんの姿は、あの"井之頭五郎"そのもの。ドラマや漫画のネタはこのようにして生まれていたのか、と想像しながら読める1冊だ。

「事前に調べることはなく、店の前でスマホによる店名検索もしないので『この店は、おいしいのか、そうでもないのか』の判断は、難しい。でも、難しい店ほど、当たればワンアンドオンリーのおいしさと、ドラマがある。外れたら悲惨。マズイ、高い、感じ悪い......かもしれない。この歳になると、一食失敗したらダメージが大きいんです。だから毎回真剣勝負。入る前に店をよーく見て、想像力をたぎらせる。その上で『入るか、やめておくか』決断する。失敗を恐れず、戦いを挑むんです。ボクは、若い頃から、話を『作っ』たり『盛っ』たりが苦手。全部本当の話です」(「はじめに」より抜粋)
book_20220926115718.jpg
book_20220926115716.jpg
book_20220926115714.jpg
book_20220926115712.jpg
book_20220926115808.jpg
著者の久住昌之さん

■久住昌之(くすみ まさゆき)さんプロフィール
1958年、東京都生まれ。1981年、原作を担当し「泉昌之」名義でマンガ家デビュー(作画は和泉晴紀)。その後数多くの作品を発表。近年では人気ドラマにもなった『孤独のグルメ』『花のズボラ飯』『食の軍師』などの原作を手がける。さらにエッセイスト、ミュージシャン、切り絵師など幅広いジャンルで活躍している。



 
  • 書名 勝負の店
  • 監修・編集・著者名久住 昌之 著
  • 出版社名光文社
  • 出版年月日2022年9月22日
  • 定価1,650円(税込)
  • 判型・ページ数四六判・216ページ
  • ISBN9784334953294

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

エッセイの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?