本を知る。本で知る。

「優しくて頼れる」夫に、自尊心を破壊される。<ママはパパがこわいの? 夫の扶養からぬけだしたい~ゆうかの場合~>

ママはパパがこわいの? 夫の扶養からぬけだしたい~ゆうかの場合~

 「俺がゆうかを守ってあげるから」

 夫はいつも優しくて、とても頼もしい人。結婚してからも変わらず、私なんかのために力を尽くしてくれる。
 こんな尊敬できる相手と結婚できた時は、本当に嬉しかった......はずなのに。
 夫に優しくされるたび、私の尊厳が壊されていくのはなぜ――?

 KADOKAWAから発売された『ママはパパがこわいの? 夫の扶養からぬけだしたい~ゆうかの場合~』は、専業主婦のゆうかが、「優しくて頼れる」夫・てるおとの関係性に悩む姿を描いたコミックエッセイだ。

book_20220527185003.jpg

自信を失った結婚生活

 主人公・ゆうかは、妊娠を機に美容師を退職した専業主婦。かつては仕事に打ち込んで充実した日々を過ごしていたが、初めての育児に忙殺され、今ではオシャレや美容とは縁遠い生活を送っている。

 とはいえ、子育ても3年目。娘の成長とともに、少しずつ余裕が出てきた。美容師の仕事に誇りを持っていたゆうかは、そのうち美容師に復帰するつもり......のはずだった。

book_20220531115959.jpg

 ところが、3年間の専業主婦生活で、ゆうかは美容師としても、一人の人間としても自信を失っていた。自分を肯定できなくなり、新しいことにチャレンジする力を持てなくなってしまったのだ。

優しい夫の言葉の暴力

 かつてあったはずの自尊心をゆうかから奪ったのは、「優しくて頼もしい」夫・てるおだ。

 てるおは、暴力をふるったりはせず、仕事にも真面目に取り組んでいる。ゆうかが困っている時には助けてくれるし、「家族は俺が支える」という信念を持つ。外から見ると「優しくて頼もしい」いい夫に見える。

 しかし、てるおはゆうかを一人の人間として扱わない。てるおにとってゆうかは、支え合うパートナーではなく、「守ってやる相手」でしか無いからだ。

book_20220530144304.jpg

 強引な訪問販売や、便器の故障.....何かトラブルが起きて、自分がそれを解決すると、

「俺がいないと何もできない人間だね」
「こんな簡単なことも解決できないの?」
「俺がいないとダメだなぁ」

 と、頭にポンと手を乗せたりしながらモラハラ発言を連発する。悪気があるのではない。「自分が養っている」ゆうかを自然に下に見ているだけだ。

 そして、ゆうかが自分以外の男にチヤホヤされると、途端に機嫌を悪くして「ゆうかは愛想よくしてるだけで優しくしてもらえるからいいよね」と怒りだす。男で稼ぎ手である自分ばかりが負担を強いられていて、養われてのうのうと暮らしているだけの「女はズルい」と一方的にゆうかに不満をぶつけるのだ。

book_20220530150645.jpg

 「自分がいないと何もできない妻」と「それを養ってやっている立派な自分」。そんな自分の世界観を守るため、ゆうかを事あるごとに貶め、自分の思い通りにいかないと不機嫌になる。そんな夫と暮らしていた数年間で、ゆうかの心は少しずつ蝕まれていった。夫に支配されて、自信を取り戻せない。自信がないから新しいことに挑戦出来ず、ますます夫に依存していく......。

 だがある日、ゆうかはある人と話したことをきっかけに、この悪循環から抜け出しはじめる。その人は、ゆうかの義理の姉で、前作「夫の扶養からぬけだしたい」の主人公・ももこだった――。

 果たして、ゆうかは自信を取り戻し、一人の人間として生きることができるのか。家庭のためにキャリアを諦めざるを得なかった女性の、復活と成長を描いた本作。実は、あなたや、あなたの身近な人の物語かもしれない。

 BOOKウォッチでは、試し読みを掲載中(2022年9月9日まで)。ぜひ読んでみて!

画像提供:KADOKAWA
  • 書名 ママはパパがこわいの? 夫の扶養からぬけだしたい~ゆうかの場合~
  • 監修・編集・著者名ゆむい(著/文)
  • 出版社名KADOKAWA
  • 出版年月日2021年12月 8日
  • 判型・ページ数192ページ
  • ISBN9784046807748

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?