本を知る。本で知る。

ミッフィーファンに朗報。こんなに可愛くて素敵なデザインのインタビュー集ってある?

ディック・ブルーナ 永遠のデザインとことば

 誕生から65年以上経った今も世界中で愛され続けるミッフィー。その作者であるディック・ブルーナさんの優しい言葉を、あたたかく柔らかなイラストと共に綴ったインタビュー集『ディック・ブルーナ 永遠のデザインとことば』(KADOKAWA)が5月30日に復刊した。

book_20220603131502.jpg
画像は、『ディック・ブルーナ 永遠のデザインとことば』(KADOKAWA)
(C) Mercis bv

 本書は、2015年に刊行した名著『ディック・ブルーナ 夢を描き続ける力』が装いを新たに復刊したもの。第一線で輝き続けたディック・ブルーナさんの仕事や人生についてのインタビュー集となっている。

 ミッフィーへの愛、絵本作りのこだわり、グラフィックデザイナーから絵本作家になるまでの思いを通して、人生において夢を追いかけ続けることの大切さを伝えている。子どもも大人も関係なく、自分が夢中になれるものに向かって、真っ直ぐな思いで向き合いたくなる素敵な1冊だ。

これからもずっと、
昨日より今日、今日より明日と、
毎日うまくなっていきたいと
描き続けるでしょう。
より納得のいくミッフィーを
描くために挑戦し続けます。
book_20220603131521.jpg

 ページを開くと、イラストと言葉が見開きになっているので、視覚にも楽しめるのもポイント。どこから読んでも、飛ばして読んでも、ディック・ブルーナさんの哲学が堪能できる仕様だ。

 内容の一部をご紹介する。

book_20220603131543.jpg

book_20220603131554.jpg

book_20220603131606.jpg

book_20220603131622.jpg

book_20220603131639.jpg

book_20220603131649.jpg

book_20220603131703.jpg

 本のサイズは、文庫本よりひとまわり大きく、カバーのミッフィーは箔押し仕様で立体感があってお部屋に飾っておくのもおすすめ。また、お守りのように連れて行きたくなる可愛い装丁なので、持っているだけでも気分も高めてくれるはず。

 進むのに疲れたとき、自分のやりたいことが分からなくなったとき、ふっと肩の力を抜きたいときなど、すぐに開けるよう近くに置きたい一冊だ。

■ディック・ブルーナさんプロフィール

1927年、オランダ・ユトレヒト生まれ。絵本作家・グラフィックデザイナーとして世界的に活躍。その温かみのある手描きの線、鮮やかな色使い、観る者の想像力に訴えるシンプルで大胆な構成の作品で、世界中の子供から大人まで幅広く愛されている。約60年にわたる創作活動期間を経て、120作を超える絵本を刊行。全世界で50カ国語以上に翻訳され、8500万部以上のロングセラーとなる。日本でも1964年『ちいさなうさこちゃん』(福音館書店刊)以降、5000万部以上の絵本が刊行され、子供がはじめてであう絵本の作家として親しまれている。また絵本創作以外にもユニセフ、赤十字や「WORLD PEACE IS POSSIBLE」など、社会活動の為のポスターやロゴも多く手がけた。

※画像提供:KADOKAWA

  • 書名 ディック・ブルーナ 永遠のデザインとことば
  • 出版社名KADOKAWA
  • 出版年月日2022年6月30日
  • 定価1,650 円(税込)
  • ISBN9784048974172

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

インタビューの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?