本を知る。本で知る。

大地震や異常気象が日本を襲う!? 「ムー」が2022年を大予言。

ムー 2月号

 世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリー・マガジン月刊「ムー」2月号では、2022年を大予言する。気になるコロナはもちろん、大地震や異常気象についても言及されている。

book_20220111120838.jpg
画像は、月刊「ムー」2月号表紙(ワン・パブリッシング提供)

富士山の噴火、首都直下地震は起きる?

 特別企画では2022年の日本と世界を大予言。大地震や異常気象、コロナ禍の終息など、霊能者と占術家が激動の1年を予測している。

book_20220111120905.jpg

 まずは自然災害について。天文占術研究家の小野十傳(とでん)さんは、正月が明けてまもなく、マグニチュードの大きな地震が南西で発生するだろうと予言。一方、霊能力者の小林世征さんは、富士山噴火の可能性は10パーセント以下、首都直下地震も南海トラフ地震も「まだ起こらない」とする。ただし、台風は「大きいものがふたつ上陸する」という予言も。

 また、西洋占星術の松村潔さんは、「各々の地域がまるで自己主張をするかのように、土地柄を示すような災害が多発しやすい」という。「土地に張りついて生きている人にとっては生きづらい時期」だそうだ。

 コロナについては、ウィルスそのものよりも、コロナ禍による閉塞感から「衝動的な犯罪が増える気配」を予言する人が多い。

「社会に対するうっぷんを晴らすために、まったく関係のない人々に害をなす事件が多発しそうです」(東海林秀樹さん・紫微斗数)

「経済格差が広がり、自暴自棄になっての無差別殺人や事件が懸念されます(中略)遊園地、イベント会場、コンサートなど、不特定多数の人が集まる場所に出かける際は、これまで以上に警戒し、自営するしかありません」(高橋桐矢さん・ジオマンシー)

 治安の悪化が懸念されるところだが、一方で明るい予言も。小林世征さんによると、コロナの特効薬が、「日本でヒョイと誕生する」可能性があるという。

 このほか気になる予言の詳細は、ぜひ本誌でチェックしてほしい。

総力特集は究極理論「宇宙プログラミング説」

 注目の特集は、「宇宙プログラミング説」だ。

book_20220111120923.jpg

 どこまでも続く宇宙がすべてプログラミングされていたヴァーチャルな世界だとしたら...? われわれの肉体も思考も、そして、感情や経験も誰かによって仕組まれているのかもしれない。特集では、最新科学をもとに宇宙と世界の仕組みに迫る。

 その他の特集は以下の通り。

2色刷り特集 江戸の日本神話絵巻 /実用スペシャル 「お金さま」に愛される衣・食・住・心/別冊マンガ付録 ツングースカ大爆発の謎とエイリアンUFO/30人の死者に憑依された女子/マリリン・モンロー地球製UFO「ТR‐3B」が空母に搭載されていた?/邪神モレクの神殿/ロボット型フライングヒューマノイド/宝徳稲荷大社の「火の鳥」の謎/ほか

 好評連載も見逃せない。

オカルト探偵・吉田悠軌の「女が怖い」/南山宏のちょっと不思議な話/松原照子の大世見/リュウ博士の開運神社案内/辛酸なめ子の魂活巡業/エミール・ジェラザードの西洋占星術/LOVE Me Doのミラクル大予言......ほか
book_20220111120940.jpg

 何を信じるかは、あなた次第。2022年も「ムー」らしさ全開だ。


※画像提供:ワン・パブリッシング


  • 書名 ムー 2月号
  • 出版社名ワン・パブリッシング
  • 出版年月日2022年1月 8日
  • 定価850円(税込)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?