読むべき本、見逃していない?

「ムー」が2021年を大予言 新型コロナはどうなる? 東京オリンピックは開催される? 

ムー 2021年2月号

 超常現象専門誌「ムー」2021年2月号(ワン・パブリッシング)が、2021年1月9日、発売された。

 2月号の特集は、「知られざる大本裏神業『一厘の仕組』の謎」。戦後、北伊勢の山中に謎の神秘家たちが集結した。彼らは大本の出口王仁三郎から秘密の御神体を託され、完成まであとわずかの「神の仕組」の実演、すなわち「裏神業」の成就を使命とした人々だった----。光芒を放った戦後古神道秘史を明らかにする。

写真は、「知られざる大本裏神業『一厘の仕組』の謎」(提供:ワン・パブリッシング)
写真は、「知られざる大本裏神業『一厘の仕組』の謎」(提供:ワン・パブリッシング)

 2021年がどんな年になるのか占う特別企画「大予言 2021」も掲載。新型コロナの状況は? 東京オリンピックは開催されるのか? 地震の危険性は? など、気になる問題の行く末を予言する。

写真は、「大予言 2021」(提供:ワン・パブリッシング)
写真は、「大予言 2021」(提供:ワン・パブリッシング)

 「ムー」2021年2月号(ワン・パブリッシング)にはそのほか、UFOを自動的に記録するハイテク装置「SID-1」の特集や、アメリカ・ユタ州の砂漠に突如金属柱が出現した事件のレポートなどが掲載されている。

写真は、「SID-1のUFO事件ファイル」(提供:ワン・パブリッシング)
写真は、「SID-1のUFO事件ファイル」(提供:ワン・パブリッシング)

写真は、金属柱のレポート(提供:ワン・パブリッシング)
写真は、金属柱のレポート(提供:ワン・パブリッシング)

写真は、南極のUFOのレポート(提供:ワン・パブリッシング)
写真は、南極のUFOのレポート(提供:ワン・パブリッシング)

※画像提供:ワン・パブリッシング
BOOKウォッチ編集部

  • 書名 ムー 2021年2月号
  • 出版社名ワン・パブリッシング
  • 出版年月日2021年1月 9日
  • 定価773円+税
  • 判型・ページ数B5判・174ページ

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?