本を知る。本で知る。

魔女と呼ばれた一族の少女は、不思議な画家に恋をする

箱庭の主と最期の魔女(2)

 少女・女性マンガアプリ「Palcy」で連載中のオリジナル漫画『箱庭の主と最期の魔女』の単行本第2巻が、6月11日、発売された。

 『箱庭の主と最期の魔女』は、魔女と呼ばれて迫害される一族の生き残りの少女・シャオが謎めいた画家・シンに出会い、運命に翻弄されながら恋心を募らせていくファンタジー作品。

main.jpg

 青い目と金色の髪を持つ少女・シャオは、同じ色彩を持つ母に愛され、森の奥の小さな村で幸せに生きていた。しかし突然、村は何者かに襲撃され、焼き尽くされてしまう。「どうして、なんで、こんな目に...!」。

 必死になって逃げだしたシャオは、偶然出会った謎めいた雰囲気の画家の男・シンに匿ってもらい、なんとか生き延びる。「君をモデルに絵が描きたい」と言われ、シャオはそのままシンのもとで生活することになるが、実はシンはある秘密を抱えていて――。

 第2巻では、2人が住む国の王妃・真莉愛やシンの弟・真純などが登場し、物語が複雑に展開していく。シンの抱える秘密やつらい過去の記憶も明かされる。

※画像提供:講談社
BOOKウォッチ編集部

 
  • 書名 箱庭の主と最期の魔女(2)
  • 監修・編集・著者名うさ沢妹子 作
  • 出版社名講談社
  • 出版年月日2021年6月11日
  • 定価495円(税込)
  • 判型・ページ数新書判・160ページ
  • ISBN9784065236062

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?