本を知る。本で知る。

ついに!雑誌の付録に美顔器登場。「&ROSY」がシーズ・ラボとコラボ

&ROSY(アンドロージー) 2021年 3月号

   美顔器も雑誌の付録になる時代になった。

   「&ROSY(アンドロージー) 2021年3月号」(宝島社)の付録は、美容通が通う人気エステ、シーズ・ラボとコラボした「マイクロカレント美顔器」だ。

   マスク生活が続き、顔のたるみが気になる人も多いのではないだろうか。普段はマスクで隠れているから気にならないが、リモート飲みや、ウェブ会議などでマスクを外すのが怖くなる。

   「マスクのせいで顔がたるんだ」と思いがちだが、実は、マスク自体がたるみの原因になるわけではない、とシロノクリニックの大野由実医師は言う。考えられる要因はいくつかあるが、大野医師によると、顔が隠れることで、表情筋や口角を動かす機会が減ったことが大きい。さらに、運動不足や、長時間同じ姿勢でいることで、肩や首が凝って血流が悪くなると、連動する顔全体の血液やリンパの流れも悪くなるのも関係しているらしい。なるほど、思い当たることが多い。

   このほかにも、無意識のうちにとっているNG行動が掲載されているので、気になる方はぜひチェックしてほしい。

いつものスキンケアに美顔器をプラス

   今号の付録、「クリニカルサロン シーズ・ラボ マイクロカレント美顔器」は、プロのエステティシャンと共同開発した本格仕様。ボタンひとつで簡単に操作ができ、軽量で持ち運びにも便利だ。

S__196804618.jpg
画像は、「&ROSY(アンドロージー) 2021年3月号」(宝島社)の付録「マイクロカレント美顔器」(撮影:BOOKウォッチ編集部)

   スイッチ一つで「導入」、「導出」、電源オフが切り替えられる。

   まずは「導入」モード。スイッチを1回押すと、LEDランプは緑になる。

   化粧水や美容液、クリームを塗っていざスタート。誌面の手順に従って、フェイスラインをやさしくマッサージ。スキンケアの浸透をサポートしてくれる。

   スイッチをもう1回押すとLEDランプが赤に変わり、「導出」モードになる。クレンジングジェルなどを肌になじませ、気になる毛穴汚れを集中的にケア。使用後はじんわりと肌が温まり、スッキリと気持ちがいい。

   毎日のスキンケアに美顔器を取り入れて、マスク生活でたるんでしまったフェイスラインとともに、「どうせ隠れるからいいや」という気持ちのたるみも引き締めたい。

S__196689922.jpg
画像は、「&ROSY(アンドロージー) 2021年3月号」(宝島社) (撮影:BOOKウォッチ編集部)


  • 書名 &ROSY(アンドロージー) 2021年 3月号
  • 出版社名宝島社
  • 出版年月日2021年1月22日
  • 定価本体1500円(税込)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

付録がすごいの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?