本を知る。本で知る。

奪った命がお金になる極悪制度...pixiv発おとぎファンタジーがフルカラー単行本に!

「――この世界の住人になりたい。宝物にしたくなる作品です。
葉鳥ビスコ」

 『桜蘭高校ホスト部』『ウラカタ!!』(いずれも白泉社)などの作品で知られる漫画家・葉鳥ビスコさんがそう絶賛するのは、2020年11月27日から発売中のコミック『MAGICA(マジカ)』(星海ゆずこ 著、大和書房)だ。

画像は、『MAGICA(マジカ)』(大和書房)
画像は、『MAGICA(マジカ)』(星海ゆずこ 著、大和書房)

 本書は、イラスト投稿SNS「pixiv(ピクシブ)」を中心に人気を集めているおとぎファンタジー。pixivで「オリジナル30000users」(3万人以上のユーザーがブックマ―クしたオリジナル作品)に入った作品も収録されている。

 さらに、ここでしか読めない33ページの新作もあり、描き下ろしページは計47ページの大ボリュームだ。

画像は、『MAGICA(マジカ)』(大和書房)より
画像は、『MAGICA(マジカ)』(大和書房)より

 収録作品は、以下の通り。

「美しい国」
 この国で暮らす人々は不老効果がある「人魚の肉」を主食とし、寿命が尽きるその時まで若く美しい姿のまま過ごす。そんな夢のような国で少年ルキが海で出会ったのは、絶滅したはずの「純血の海の人魚」だった。

「しあわせの刃」
涙を流すほどに美味しいと評判の料理屋「幸福亭」を営むチコと無敗を誇る天下の剣士として名高い大英雄のナタ。悩みも生き方も性格も全てが違う二人が出会い、刻む深い絆の物語。

「極悪ユートピア」
 奪った命がお金になる極悪制度が蔓延る星に暮らす青年ポチ。明日の命を繋ぐために誰かの命を奪う毎日の中で手に入れたのは、育てる者の心を糧に姿を変える植物の種子だった。

「不死鳥のあさぼらけ」
 ある日、少女は永遠の時を生きながら死にたいと願う「不死鳥」に出会う。不死鳥はおもむろに刃物を差し出し、自分の首を切ってほしいと促して......。
死にたがりの不死鳥と少女が迎えた夜明けとは----。

 唯一無二なファンタジーの世界を、美しいフルカラーで楽しめる。著者による魔法にかけられて、物語の世界へ飛び込んでみよう。


※画像提供:大和書房

 

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

アニメ・コミックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?