本を知る。本で知る。

まだ買える!ケース付きリバーシブル「レフ板」が付録!

 インドアでお気に入りの小物を映してインスタにアップ!とか、晴れた日には外で恋人や親しい人を撮影する。おいしい料理ができたら、もちろん記念に一枚。そういう風に写真を楽しんでいる方も多いのでは。

 写真をきれいに撮るポイントの一つは光の角度やその量。その光をコントロールするツールが、なんと雑誌に付録として付いてくる。

 光のコントロールと言えば、なんといってもレフ版。これがあると暗くなりがちな部分の見え方も絶妙に調整できる。

 なんと、CAPA2020年5月号には、そんなレフ板が付録についているのだ。

写真は、CAPA2020年5月号付録のレフ板「キャパレフ」(学研プラス)(注:カメラは付録に含まれません)

 CAPA2020年5月号付録のレフ板「キャパレフ」は、直径約40cmのリバーシブルで、表は銀色、裏面はホワイトの構成。銀色の面は強く光を補正でき、ホワイト面を使えば人物撮影でやさしい光を演出できる。さらに、このキャパレフは、オリジナルの収納ケース付き。たたんで収納すると、カバンにもすっぽり入るので、撮影に出かける際にも邪魔にならない。

写真は、CAPA2020年5月号(学研プラス)

 

 なお、CAPA2020年5月号の78ページには、キャパレフの使い方の解説も掲載されていてわかりやすい。本誌での例で、接写(クローズアップ撮影)にも有効なことがよくわかる。

 そんなキャパレフ付きで、本体900円とは、少々驚く価格設定だ。ネット書店でもまだ買えるので、関心のある方は要チェックだろう。

6月号も発売中「インドアで楽しむ実践撮影術」

 CAPAの2020年6月号の特集は「インドアで楽しむ実践撮影術」。

 「#ステイホーム」で楽しめる部屋や庭での撮影の楽しみ方に注目している。プロ写真家5名がどんな風にインドア撮影しているのか、その技も興味深い。

写真は、CAPA2020年6月号(学研プラス)

 スマホでも写真が楽しめる時代だからこそ、写真の腕を向上させたいと思う方は多いのではないだろうか。

 上手い写真を撮るには、プロの技を雑誌で知ることも近道かもしれない。SNSのアイコンの写真を素敵にしたい、そんな方にもおすすめだ。

 なお、「CAPA」巻末の月例フォトコンテストに寄せられた各作品のパワーがすさまじい。写真は、みんなのものだと改めて感じる。

5月号 6月号

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?