本を知る。本で知る。

大人かわいい! ミルクフェドのステンレスミニボトルがついてくる

 通勤や通学、近所の散歩のお供にしたい、ステンレスのマイボトル。ちょっとのどが渇いたというときにすぐのめて、それほど荷物にならないミニサイズが便利だ。

 ファッション誌「SPRiNG(スプリング)」(宝島社)2020年4月号増刊版には、かわいいピンク色で「ミルクフェド」のロゴが入った、120mlサイズのステンレスボトルがついてくる。

600_20200225_161732.JPG
写真は、「SPRiNG」(宝島社)2020年4月号増刊版の付録
600_20200225_161758.JPG
写真は、「SPRiNG」(宝島社)2020年4月号増刊版の付録

 ミニボトルのサイズは、高さ14.3センチ、直径4.5センチ。保温、保冷どちらにも対応している。「SPRiNG」(宝島社)2020年4月号増刊版は、セブン-イレブン、セブンネットショッピング限定発売で、誌面内容は通常の「SPRiNG」4月号に対し、一部掲載していない記事がある。

600_20200225161732666_0002.JPG
写真は、「SPRiNG」(宝島社)2020年4月号増刊版、表紙は女優の永野芽郁さん

 「SPRiNG(スプリング)」(宝島社)2020年4月号の付録は、ミッキーマウスのイラストが描かれた筒形ポーチ。サイズは約高さ13.5センチ、直径14センチ。ファスナー部分には、ミッキーの手形チャームがついている。

600_20200225_162053.JPG
写真は、「SPRiNG」(宝島社)2020年4月号の付録
600_20200225_162118.JPG
写真は、「SPRiNG」(宝島社)2020年4月号の付録を開いた様子

 上部のフタには、取っ手がついていて、持ち運びもしやすい。コスメ用品や文房具など、こまごましたものを収納するのに役立ちそうだ。

600_20200225161732666_0001.JPG
写真は、「SPRiNG」(宝島社)2020年4月号

 「SPRiNG」の表紙に女優の永野芽郁さんが登場するのは、今回が初めて。「ハンサムな女の子」をテーマに撮影が行われ、大人の女性をイメージさせるセットアップや透け感のあるスカートなどのコーディネートを披露した。

 誌面のインタビューは、20歳の永野さんの飾らない素顔が見えるような内容だ。服を買うときは常に直感派で「手元にあるのは運命めいた服ばかりかも」とコメントしたり、毎日着る服は、朝起きてパッと迷わずコーディネートを決めるなどと明かしてもいる(p.18)。


付録がすごいの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?