本を知る。本で知る。

全マーケティング担当者が知るべき「成果が出るWebライティング」の鉄則

  • 書名 『デジタル時代の実践スキル Webライティング 読者が離脱しない、共感&行動を呼ぶための最強メソッド』
  • 監修・編集・著者名佐々木ゴウ
  • 出版社名翔泳社

企業のマーケティング担当者にとって、自社のサービスや商品をECサイトや自社ホームページで紹介したり、オウンドメディアに記事を書いたりするためのライティングスキルは必須のものとなっている。ただ、ビジネス上の文章は「読んでもらえすればOK」というものではない。

Webライティングには目的がある。
・顧客に商品を買ってもらう
・自社サービスに興味を持ってもらう
・会社の理念に共鳴してもらう

など、ビジネス上の目的である。文章を書くことに慣れていないとこれらの目的にまで意識が回らず「書いただけ」になりがちだ。これでは、いくら書いても成果に結びつきにくい。

■全マーケティング担当者が知るべき文章の「鉄則」

ビジネス上の目的を達成する文章を書くには、外してはいけない鉄則がある。
『デジタル時代の実践スキル Webライティング 読者が離脱しない、共感&行動を呼ぶための最強メソッド』(佐々木ゴウ著、翔泳社刊)は、その鉄則を教えてくれるWebライティングの教科書である。

最初に知っておくべきことは、いきなり書き始めないこと。文章は手法や書き方よりも 「文書の"手前"こそが命」 (P 12)なのだ。

では、書く前に何をするかというと、どんな記事(文章)を書くかという方向性を整理すること。つまり「どういった場所で、どういった成果を求めて、誰に向けて書くのか」を明確にしてから書き始めるのが基本なのだ。

もちろん、多くの人は書く前に大まかな構想を練る。ただ、何をどこまで決めてから書くかは、結局のところ「書き手次第」になりやすい。本書では「メディア設計シート」「記事企画シート」を通じて、曖昧になりやすいこの部分を明らかにしていく。「ここまで考えたら、書き始めても問題ない」というスタート地点がわかるのが特徴だ。

■文章を書く前に「何」を「どこまで」考えるべきか

たとえば「メディア設計シート」は

・メディアの目的...あなたが書く文章を掲載するメディアがどんな目的で運営されているのか(自社サービスの顧客獲得、自社への転職希望者への情報提供など)。

・メディアのざっくりターゲット...どんな人に読んでほしいか(メディアの目的から逆算すると考えやすい)。

・メディアテーマ...どんな情報を提供するか(アイデアが先行して、本来との目的とは違う記事にならないために)。

・記事テーマリスト...それぞれの記事のテーマを考える(メディアテーマが決まることで、個々の記事のテーマも考えやすくなる)

の4つの項目がある。
これらを明確にするだけでも、会社としてやりたいこと、ビジネスとして達成したいことを押さえた文章・記事を書きやすくなる。

ただ、本書はここで紹介した鉄則を踏まえて、それ以上のところまで踏み込む。記事の企画から本文の書き方・推敲、取材やSEOの手法まで、マーケティングのための文書を書くための、「はじめの一歩」から仕上げまで教えてくれるのがありがたい。

マーケティングための文章、ビジネス上の目的を達成するためには、高い文章力よりも大事なものがある。本書を読めばそのことがわかり、自分が何をすればいいかがはっきりとわかるはずだ。

(新刊JP編集部)

関連記事

「お客を捨てる」店舗経営を成功させるための誰も知らない鉄則

経営危機から世界的企業へMARVELが成し遂げた大逆転とは?

SNS時代は「共感」が決め手 マーケティングに必須の「SIPS」とは

世界的成功者が明かす魅力的なインフルエンサーになる8つのポイント

株式会社オトバンク「新刊JP」

次これ読もう、が見つかる「新刊JP」 日本最大級の書籍紹介ウェブサイト。話題の書籍や新刊本をブックナビゲーターが音声で紹介するインターネットラジオ番組「新刊ラジオ」や、書評記事、イベントレポート、出版業界の動向などを提供するニュースメディア「新刊JPニュース」、旬の作家のインタビューを掲載する「ベストセラーズインタビュー」、書店をフィーチャーした企画や電子書籍レビューなど、本にまつわるコンテンツを豊富に揃えています。あなたの「あ、これ読みたい」が見つかるはずです。

記事一覧 公式サイト

新刊JPニュースの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?