読むべき本、見逃していない?

「良い占い師は素敵な言葉を持っている」 番組スタッフに聞く『突然ですが占ってもいいですか?』の舞台裏(後編)

今年4月からフジテレビ系で放送されている『突然ですが占ってもいいですか?』(水曜22時~22時54分/フォーチュンウォッチャー:沢村一樹、水野美紀、池田美優)。

ゲッターズ飯田さんや木下レオンさん、星ひとみさんら、今、最も人気の占い師たちが登場し、次々と出演者の過去をLOCK-ONして(あてて)いきながら、その人しか知らないドラマが明かされる「占いドキュメンタリー番組」だ。また、番組でかかるBGMも のセンスの良さも話題になっている。

そんな本番組の公式本『突然ですが占ってもいいですか? PRESENTS とにかく運がよくなりたい!』(扶桑社刊)は9月16日に発売され、2ヶ月で17万部突破のベストセラーとなっている。
今回は本書の刊行と大ヒットに託けて、『突然ですが占ってもいいですか?』で企画を担当している春名剛生さん(フジテレビ)と、プロデューサーの坪井理紗さん(エポックル)に、番組の成り立ちや占いについてお話をうかがった。後編では、出演している占い師について、そして「本」についてがテーマだ。

(聞き手/金井元貴)

■個性豊かな「占い師」たち!?

――番組公式本『突然ですが占ってもいいですか? PRESENTS とにかく運がよくなりたい!』では、木下レオンさん、ぷりあでぃす玲奈さん、星ひとみさんの3人の占い師が、運がよくなる方法を伝授してくれます。3人は番組のメイン占い師でもありますが、まず木下レオンさんはすごく言葉が特徴的ですよね。

坪井:『ちかっぱ!』など、博多弁なので、より特徴的です。

春名:この番組に携わるようになって初めて気づいたのですが、占い師さんは「言葉の人」でもあるのだと思います。その方がどういう言葉を持っているかが大事なのだと思いました。実はインタビュアー的な側面もあるので、相手の話を掘り下げて、そこにすごく素敵な言葉を投げかけられる人がやっぱり人気になるのかなと思います。

――木下さんはテレビで見るままの人なんですか?

春名:すごく熱い方で、裏表も全然ないです。ハートが前面に出てくるタイプだと思います。

坪井:厳しい言葉に聞こえることもあるかもしれないですが、占われる方に、愛情を持って接していらっしゃいます。

――星ひとみさんはどんな方でしょうか?

春名:とにかくディティールがすごい方です。いろんな方の人生をLOCK-ONしていきますが、ディティールまで的確に当てていき、スタッフも毎回驚かされます。

――ぷりあでぃす玲奈さんはいかがでしょうか。

春名:淡々としている印象もあるかと思いますが、聞き出す力はすごいなと思いますね。あとは、ドラマのある方を引き寄せる力がすごいです!

坪井:おしゃれな方で、美容やファッションに強く、占いを通して、メイクのアドバイスをされたり、また違った特徴をお持ちの方です。

――他にも様々な占い師がご出演されていますが、占い師側からの売り込みもあるのですか?

春名:それはありますね。

――起用の基準はどのように設けているのですか?

春名:明確な基準というのはありませんが、やはりLOCK-ONする技術、過去をあてられるという点、そして言葉 の力がポイントなのだと思います。素敵な言葉を持っていらっしゃる方。プロの占い師さんにはそういう方が多いと思います。

坪井:人生を前向きにさせられる言葉を持っている占い師さんですね。

――これまでの番組の中で、お二人が最も印象に残っているエピソードはなんですか?

春名:そうですね...。個人的に一番印象に残っているのは、パイロット版で赤羽の街で飲んでいた中で最初に話を聞いた方です。すごくきれいな女性だったんですが、お兄さまが少し前に亡くなられたというお話をされて。それまでは、一見すると、隣で楽しそうに飲んでいた方にこんなドラマがあったのだと衝撃を受けました。

あとは、コロナ禍で動けなくなる前に、星さんが街に出て飲み屋で飲んでいた方を占ったんですけど、その方のことを知るはずもないのに手相を見ただけで出身大学をあててしまったんです。それも衝撃でした。

――初対面の女性が関西大学のご出身ということをあてたんですよね。

春名:はい、そうなんです。特に関西弁も出ていなかったですし、素直にすごいなと思いましたね。

――坪井さんはいかがでしょうか?

坪井:春名さんと同じ女性の方なのですが、楽しそうに先輩とご一緒に飲まれていたのですが、先輩の方もそのお話をご存知なくて、表情がどんどん変わっていく様子を見て、印象深く思いました。

このエピソードはこの番組の根幹になったと思います。

■初の番組公式本は、運気を上げるための「入門」的な一冊!

――お二人はこの本に制作協力として携わっているそうですが、どんな本になっていますか?

春名:この「とにかく運がよくなりたい!」というタイトルに全てが詰まっているなと思っています。金運も、恋愛運も、仕事運も、全て網羅していて、運気を上げるための入り口のような一冊です。

坪井:運気を上げたいけど、何をしたら良いのか分からないというときの入門書として読んで頂けると嬉しいです。

――「本」つながりでお聞きしたいのですが、今、お二人はテレビ番組の制作という仕事をされています。その仕事をする上でご自身の血肉になった一冊があれば教えてほしいです。

春名:具体的にこの本というわけではないのですが、意識的にノンフィクションの本を読んでいます。偏ろうと思って偏っている部分もありますが、嘘みたいな本当の話というのに惹かれるんです。

――そういう意味では『突然ですが占ってもいいですか?』のテーマに重なってきますね。

春名:そうですね。『突然ですが占ってもいいですか?』もドキュメンタリーではありますから。ノンフィクションを読んでいると、「これが本当の話なのか」ということがすごく出てくるんです。常にそういう衝撃を探して求めているのかもしれません。

――坪井さんはいかがですか?

坪井:鈴木いづみさんという方の本が好きです。占い師さんは素敵な言葉を選ぶというお話がありましたが、鈴木いづみさんも、力強く、心を突き動かされる言葉を数多く残されていて、この方自身も、波乱万丈な人生を送られています。強い女性の言葉や人生が描かれている本に惹かれます。

――ありがとうございます。話は変わりますが、この番組の感想を辿ると「音楽の選曲センスが高い」という声を見かけます。テーマソングの相対性理論の『マイハートハードピンチ』をはじめ、日本のロック、ポップス限らず幅広い楽曲をBGMとして使っています。BGMのポイントは?

春名:これは僕らが選曲しているのではないんです。演出サイドの音楽に対する情熱の強さによるものです(笑)。

――現在ではTwitterの公式アカウントで楽曲リストを公開したりしていますよね。

春名:そうです。どんな曲を使っているのか知りたいという問い合わせが多かったので。ほかに、LINE MUSICさんでプレイリストを公開するような展開もしています。これも番組の個性だと思うのでアピールしていきたい部分ですね。

坪井:VTRの話にリンクするような、歌詞をもつ楽曲を、ディレクターや音効さんたちが、一生懸命、選んでいます。

――では最後に、『突然ですが占ってもいいですか?』の今後の展望について教えてください。

春名:そうですね。「占いから、1億通りの人生ドラマを紡ぎ出す」というのがこの番組の根幹だと思いますので、これからも様々な方々の人生ドラマを聞き出しては、構築して世の中に提示していきたいと思っております。

坪井:最近は芸能人の方も占っていますが、今後も、一般の方を数多く占っていきたいです。
また、新たな占い師の方に出演していただいて、番組を盛り上げていければと思っています。

―― 一つ気になるのですが、テレビ業界は占いが好きな方って多いんですか?

春名:どうなんでしょうか。女性スタッフには占いが好きな人が多いと思います。

坪井:この番組のスタッフも、占い師さんから「こうすると運気がUPするよ」と言われたら、実践する人が多いです。

春名:確かに、そう言われると実践しちゃいますね。

――ありがとうございました!

(了)

株式会社オトバンク「新刊JP」

次これ読もう、が見つかる「新刊JP」 日本最大級の書籍紹介ウェブサイト。話題の書籍や新刊本をブックナビゲーターが音声で紹介するインターネットラジオ番組「新刊ラジオ」や、書評記事、イベントレポート、出版業界の動向などを提供するニュースメディア「新刊JPニュース」、旬の作家のインタビューを掲載する「ベストセラーズインタビュー」、書店をフィーチャーした企画や電子書籍レビューなど、本にまつわるコンテンツを豊富に揃えています。あなたの「あ、これ読みたい」が見つかるはずです。

記事一覧 公式サイト

新刊JPニュースの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?