読むべき本、見逃していない?

「励み場」青山文平著

  本年度上半期、江戸時代にたくましく生きる女性をいきいきと鮮やかに描いた『つまをめとらば』で第154回直木賞を受賞した著者による、受賞後、第一長篇。
 本作はミステリー要素あり、男女の心理劇あり――の新たな時代小説に果敢に挑戦した力作だ。
 主人公の信郎は「名子(なご)」である。江戸幕府開闢(かいびゃく)時に、武家の身分より領地をとって農民になった名主の、昔の家臣が「名子」だ。
 信郎は、陣屋の元締め手代に上り詰め、土地の人間の敬意を一身に集めても、彼にとってはそこは、励み場(はげみば=己の持てる力を注ぎ込むのに足りる場所)、ではなかったのだ。
 彼は江戸に出て勘定奉行所の下役になり、真の武家を目指すことに。そして、妻の智恵はそれを支えるのだが――。
 己にとって、「励み場」とは何か、「人生」とは何か、「守るべきもの」とは何か、を深く問う物語である。
 

書名:励み場著者:青山文平発行:角川春樹事務所定価:1600円+税

夕刊フジ

産業経済新聞社発行が発行する、首都圏・近畿圏を中心に販売されているタブロイド判夕刊紙。ターゲットは30代~60代を中心とした都市型男性ビジネスマン。 WEB版は「ZAKZAK」(http://www.zakzak.co.jp/)で、紙面と同じ記事だけでなく、WEBオリジナルの記事も人気。 書評は毎日掲載しており、紙面ではこのコラムで掲載されたもの以外も読むことができる。

記事一覧 公式サイト

夕刊フジの書評からの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?