読むべき本、見逃していない?

「競技かるた」に青春を懸ける シリーズ完結編

小説 ちはやふる

 末次由紀による少女コミックス『ちはやふる』は、2007年に『BE・LOVE』(講談社)で連載が開始された。「競技かるた」を題材に、年代、性別を超えて支持され、コミックス累計37巻、発行部数2100万部(2018年2月時点)を突破した。

 2018年3月17日に公開された映画「ちはやふる 結び」(監督・脚本 小泉徳宏/主演 広瀬すず)は、2016年に公開された2部作(「上の句」「下の句」)に続くシリーズ3作目で、完結編となる。本書『小説 ちはやふる 結び』(講談社、2018年)は、著者の有沢ゆう希が、映画を原案として書き下ろした小説で、『上の句』『下の句』(講談社)に続くシリーズ3作目となる。

 千早と太一と新は、小学6年生の時のクラスメイト。3人は一緒にかるたを取り合う仲だったが、新が福井へ引っ越すことになり、離ればなれになる。高校生になった千早は、再び新に会うために、太一とともに瑞沢高校かるた部を創る。創部1年目にして全国大会に出場したが、千早は史上最強のクイーンに敗れ、さらに強くなることを誓った。(『上の句』『下の句』より)

 あれから2年が経ち、福井にいる新も高校でかるた部を創り、近江神宮で行われる全国大会への進出を決意する。一方、瑞沢高校かるた部は入部した新入生とともに、予選を迎える。だが、予選当日、千早は太一が退部したことを知る。

 太一は、かるたか勉強か、1つに絞らなければならない時期だと感じていた。また、太一は、千早が新に想いを寄せていることはとうに気づいているが、ここに来て新が千早に告白したと聞き、心を乱していた。千早は、太一とかるたに励んだ思い出を噛みしめ、強くなって太一を待とうと決意する。

 「千早振る(ちはやふる)」とは、「たけだけしい、荒々しい」の意味。高校3年生の夏、それぞれが進路や恋に悩みながらも、かるたに一途に向き合い、青春を懸ける姿が、熱い。千早、太一、新は再びかるたで繋がるのか。彼らのほとばしる情熱に触れ、1つのことに打ち込めるのは素晴らしい、と感じる。

 原作者の末次由紀は、1992年『太陽のロマンス』でなかよし新人まんが賞佳作を受賞し、デビュー。『ちはやふる』で、11年に講談社漫画賞少女部門を受賞した。

BOOKウォッチ編集部 Yukako)
  • 書名 小説 ちはやふる
  • サブタイトル結び
  • 監修・編集・著者名有沢 ゆう希 著/末次 由紀 原作
  • 出版社名株式会社 講談社
  • 出版年月日2018年2月15日
  • 定価本体600円+税
  • 判型・ページ数A6判・240ページ
  • ISBN9784062938556

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?