読むべき本、見逃していない?

今を生きよ! 意外とポジティブな中国の先哲たち

生と死のことば

 

 孔子、荘子、曹操、陶淵明ら中国の先哲、文人らが生と死についてどう考え、向き合ったか。60余りの名言を中国文学者の川合康三さん(京都大学名誉教授)がピックアップして解説した本だ。

 

 名言のひとつを書き下し文で引用してみよう。

 

 酒に対して当(まさ)に歌うべし 人生幾何(いくばく)ぞ 譬(たと)えば朝露の如し 去りし日は苦(はなは)だ多し

 

 三国志の英雄、曹操は、無常を飲酒で忘れようと歌っているのだ。

 

 これに限らず、死よりも生を肯定するポジティブなものが多い。川合さんは「人生や人間を肯定し、限りある生を生きてゆこうとする意志がうたわれています。そこが日本の文学と異なる、中国の文学らしい特質ではないかと考えられます」と書いている。

 

 孔子は「生もわからないのに、死がわかるはずがない」という名言を残している。また詩人陶淵明は「男子たるもの、世の中全体に大きな志をもつものだが、わたしは孔子が言ったように『老いが迫るのも気付かない』ようでありたい」と詩の中に願望を表している。

 

 週刊現代(12月2日号)の書評でノンフィクション作家の高橋秀実さんは「人生は憂えるものではなく楽しむもの。懸命に生きて老いを忘れるべし、という教え。下手の考え休むに似たり。『死』は仙人ならぬヒマ人の妄語だと教えられた気がした」と記す。

 

 やたらと「死」をめぐる言説や本があふれている現代の日本。そんな風潮に辟易しているあなた、中国古典の知恵に学び、今をよく生きようではありませんか。

 
  • 書名 生と死のことば
  • サブタイトル中国の名言を読む
  • 監修・編集・著者名川合康三 著
  • 出版社名岩波書店
  • 出版年月日2017年10月20日
  • 定価本体780円+税
  • 判型・ページ数新書判・205ページ
  • ISBN9784004316831

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?