読むべき本、見逃していない?

日本の研究者は先を越されたが・・・

重力波発見!

 

 2016年に重力波が発見されたという発表が世界に伝わった。ちょうどアインシュタインが100年前に存在を予言しながら、その実在が疑われたり、うまく観測できなかったりしたものだった。存在を確認したのは長さ4キロのパイプの中をレーザー光線が走るアメリカの巨大観測装置を持つ研究チームで、メンバーは世界各地の1000人にも及ぶという一大プロジェクトだった。

 

 光、電波、赤外線、X線など電磁波を使い、天文学は発達してきたが、重力波はまったく別の波で、これにより天文学は新しい地平が開かれると期待されている。

 

 本書は、朝日新聞で長く科学記者を務めてきた著者の集大成ともいえる本だ。アリストテレス、ニュートン、アインシュタインと人類が宇宙や時間をどうとらえてきたかをじっくり解説しつつ、重力波発見の意義を解き明かしている。

 

 日本の科学者たちの重力波発見にかける苦闘の歴史も詳述されている。朝日新聞の書評(2017年11月19日付)でサンキュータツオさん(学者芸人)は「日本では日陰者扱いだった『重力波』研究の学者らの魂の継承史も必読である」と記している。

 

 日本の研究者たちは先を越されたが、神岡の巨大実験装置KAGRAもやがて重力波研究の一端を担うことになっているという。国境を越えて協力し合う科学者たちの姿に、人類の新たな希望を見出した。

  • 書名 重力波発見!
  • サブタイトル新しい天文学の扉を開く黄金のカギ
  • 監修・編集・著者名高橋真理子 著
  • 出版社名新潮社
  • 出版年月日2017年9月20日
  • 定価本体価格1300円+税
  • 判型・ページ数四六版・271ページ
  • ISBN9784106038167

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?