読むべき本、見逃していない?

怖い怖い怖い・・・でも、見てみたい

書評掲載元:東京新聞 2017年8月13日

月岡芳年 妖怪百物語

 夏の定番といえば、お化けだ。浮世絵の世界でもしばしば題材になった。中でもエロスと怪奇あふれる作品といえば、月岡芳年(1839~92年)が筆頭だろう。「最後の浮世絵師」といわれ、多種多様な作品を量産した。江戸川乱歩や三島由紀夫に偏愛されたことでも知られる。本書は、20代に制作したシリーズ「和漢百物語」、精神を病んだ50代の「新形三十六怪撰」を全点収録するなど約100点の妖怪画を掲載している。

 芳年は、江戸末期の浮世絵の鬼才、歌川国芳に師事し、画想の豊かさ、斬新なデザイン力、奇想天外なアイデアなどを受け継いだ。血なまぐさい残酷画や無惨絵では他の追随を許さなかった。

 思わず目をそむけるような作品も多いので、好事家向け。東京新聞が2017年8月13日の「アートな本」のコーナーで本書を簡単に紹介している。

 監修の太田記念美術館では8月27日まで「特別展 月岡芳年 妖怪百物語」を開催中だ。

展覧会情報
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/月岡芳年 妖怪百物語

  • 書名 月岡芳年 妖怪百物語
  • 監修・編集・著者名日野原健司、渡邉晃 著 太田記念美術館 監修
  • 出版社名青幻舎
  • 出版年月日2017年8月 7日
  • 定価本体2300円+税
  • 判型・ページ数B5判変型・並製・136ページ
  • ISBN9784861526275

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?