読むべき本、見逃していない?

平凡な主婦らによるおぞましい犯罪描く

OUT(アウト)(上・下)

 単行本が発行されたのは約20年前の7月。スプラッター映画的な描写がはさまれ、そこで思わず本を閉じたくなるようなゾクゾク感がめぐる。夏の読書にふさわしいといえる一冊。1998年に日本推理作家協会賞。2004年には米文学賞の「エドガー賞長編賞」に日本人による作品として初めてノミネートされた。映画化、テレビドラマ化もされるなど"お墨付き"の面白さは褪せることがない。

 物語の主な舞台は東京郊外の弁当工場。時給が割増になる深夜のシフトでパート勤務する主婦ら4人の女性はそれぞれに悩みを抱え、それらが複雑に絡み合いながらストーリーは進む。

 4人は直面する現状からの脱出を考えていた。リストラされた夫とのよそよそしい生活、認知症の姑の世話、カード破産...。そして、一番若い一人が、夫のDVに悩まされた末、ついに夫を殺してしまう。他の3人は、死体をバラバラにするのを手伝うのだが、それは、友情などからではなく、"現状脱出"の手がかりしようと考えたから。

 殺人、死体損壊を隠すための行動は負の連鎖となっていく...。

 人物や人間関係の描写の説得力があり、4人ついてはもちろんそうなのだが、それ以外でも、登場人物の関係性が、現実にそんなことある?と思うほど複雑であるにもかかわらず、非常にリアルで臨場感豊かだ。

 久しぶりの再読にも、著者の世界観を初体験したい人にとっても、猛暑の夏がおすすめ。

  • 書名 OUT(アウト)(上・下)
  • 監修・編集・著者名桐野 夏生 著
  • 出版社名講談社
  • 出版年月日2002年6月14日
  • 定価(上)本体667円+税/(下) 本体619円+税
  • 判型・ページ数(上)A6・456ページ/(下)A6・352ページ
  • ISBN(上)9784062734479/(下)9784062734486

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?