読むべき本、見逃していない?

初レシピ本、『会員制おばんざい店の人気の味、いただきます!「青家(あおや)」のごはん』発売!

 初レシピ本、発売!!

食べた翌日、身体がラクになると評判!
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-780668-7

中目黒の店「青家(あおや)」のごはんは、著者が子どもの頃から食べてきた京都のおばんざいと韓国の家庭料理を融合させた料理。定番や季節の人気の味を、2~3人の家庭でも作れるレシピにしてお届けします。もともと青山さんの"夢日記"がかたちになったこのお店。これまでの「青家(あおや)」のおはなしと、常連の大宮エリーさんとの対談から、「食べてくれる人を想いながら作るごはん」への心意もじっくり語られます。

................................................................................

〔ご飯にも、お酒にも合う、バラエティに富んだ、こんなレシピの数々が!〕

★食べたら止まらない! 「鶏の唐揚げ」
★このカリカリ感、どうしたら作れるの? 「九条ねぎのパジョン」
★おばんざいならでは。 「京水菜とお揚げの炊いたん」
★リピート率高し!「じゃがいもゴルゴンゾーラ」
★こんな箸やすめ、知りたかった。「新しょうがとみょうがとセロリの甘酢漬け」
★肉のおいしさが中にギュッ! 「豚の角煮」
★だしでしっとり味がなじんだ「おから煮」
★煮崩れずに中まで味がしみてる「肉じゃが」
★パーティにも! 具に酢の風味をつけて食べやすくした「京のお稲荷さん」

................................................................................

〔料理読み物としても読み応えあり〕

●「青家」は、著者の"夢日記"がかたちになった~
「夢日記を書きなさい」。それは1年後、5年後、10年後、
自分がどんなふうに生きていたいか、イメージするための訓練のひとつ。
最初に一緒にお店を始めた、そして、今は亡き、大好きだった姉からの宿題でした。
●おばんざいの魅力とは~
おばんざいという料理自体、一流のシェフの方々の作られる「作品」のような
料理ではなくて、気持ちを張らないでも食べられるのがいいところ。
●お店の料理と家庭で作る料理の違いは~
お店では一度にたくさんの量を仕込むので、家庭料理とは勝手が違う部分もあります。そこで、何度も試作を重ね、工程の部分でも多少の手間を省き、できるだけご家庭で作りやすいレシピを心がけました。
●食べてくれる人を思いながら作るごはんとは?~
作る人の家族の好みや体調、その時季の素材の味わい次第で加減して、食べる人が「ああ、おいしい」と感じてくれるのが、いちばん大切なことだと思うんです。
●常連でもある大宮エリーさんは~
こころに効く、気取らない、やさしい家庭料理なんだよね。

***********************

【著者プロフィール】

青山有紀(あおやま ゆき)
「青家」「青家のとなり」代表、またはオーナーシェフ。
1974年生まれ。京都市出身。
2005年東京・中目黒に「青家」をオープン。「身体も心も元気になれる」お店として評判に。
2010年には京甘味処とおもたせの店「青家のとなり」をオープン。
数々の料理レシピ本の出版のほか、テレビ出演や企業の商品開発、レシピ提供、カフェメニュープロデュース、講演会等も行っている。
国立北京中医薬大学日本校卒業。2010年国際中医学薬膳師資格取得。
http://www.aoya-nakameguro.com/

書名:会員制おばんざい店の人気の味、いただきます!「青家(あおや)」のごはん
著者:青山有紀
発売日:2013年4月5日(金)
定価:1575円(税込)

暮らしに彩りの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?