読むべき本、見逃していない?

エドガーの青い瞳も自由にどうぞ「ポーの一族」原画24点がぬり絵に

 デビュー50周年を迎え、2019年10月には文化功労者に選ばれたマンガ家の萩尾望都さん。代表作である『ポーの一族』は、少年のまま生き続ける青い瞳の少年エドガーと、その一族がおりなす物語。その作品がぬり絵になっている。

ポー装丁.jpg
写真は、「『ポーの一族』ぬり絵BOOK」(小学館)の表紙。

 「『ポーの一族』ぬり絵BOOK」(小学館)に収録されているのは、原画24点分のぬり絵。カラーイラストがあるものは、見本も掲載している。ページは1枚ずつ切り離せる製本で、ぬり終わったら飾ることができる。

 「『ポーの一族』ぬり絵BOOK」の発売にあたり、萩尾望都さんは以下のようにコメントしている。

「白地部分は、雲でも花でも、好きなように描いてくださいね」

 以下の2枚の写真は、「『ポーの一族』ぬり絵BOOK」(小学館)のサンプル画像。

ぬり絵サンプル薔薇.jpg
 
ぬり絵サンプル表4 .jpg
 
 

実用書の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?