読むべき本、見逃していない?

婦人画報創刊115周年記念特別展、「婦人画報」と「京都」、1月2日から京都で

 明治38(1905)年創刊の「婦人画報」。とりわけ大切にし誌面で紹介し続けてきたのが、茶道、華道、工芸、芸能などの「美しい日本」を受け継ぎ、伝え続けてきた京都の「人」と「家」だ。その編集方針を凝縮した創刊115周年記念特別展「『婦人画報』と『京都』」を2020年1月2日から20日まで美術館「えき」KYOTOで開催する。

hujin2.jpg
写真は「婦人画報」創刊号

 同展覧会では、京都13家より、「人」が手掛けた作品や「家」に伝わる宝物など約80点を、当時の取材記事と共に展示する。

 出展は池坊家(華道)、石田家(ガラス工芸)、伊東家(有職御人形司)、井上家(京舞井上流)、上村家(日本画)、江里家(截金)、志村家(染織)、千家(茶道裏千家)、徳岡家(京都吉兆)、中村家(塗師)、森口家(友禅)、樂家(樂焼窯元)、冷泉家(冷泉流歌道)。

hujin1.jpg
写真は上村松園《鼓の音》昭和15(1940)年 松伯美術館蔵
hujin3.jpg
写真は志村ふくみ《橘(三夕)》平成23(2011)年 個人蔵

 ギャラリー・トーク等のイベントも開催。会場エントランスにて1月2日~5日の4日間のみ池坊専好次期家元監修による、いけばな作品の展示もある。入館料は一般900円。

 

イベントの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?