読むべき本、見逃していない?

滝川クリステルは自他ともに認める「強運」の持ち主

 フリーアナウンサーの滝川クリステルさんが、ファッション雑誌「otona MUSE」(オトナミューズ・宝島社)2020年1月号に登場している。

20191129093922614_0001.jpg
写真は、「otona MUSE」(宝島社)2020年1月号の表紙

 滝川さんといえば、2019年8月に自民党の小泉進次郎衆院議員との結婚と妊娠を同時発表し、話題となった。誌面ではニットのロングドレスを着てふっくらしたおなかに手を置いたショットもあり、母親になる決意が感じられるような表情を見せている。

 インタビューにもこたえていて、フリーへの転向や、自身の名前を掲げた財団の設立など、これまでの人生で大きな決断があった時のことを振り返っている。

 夫婦の子育てについての考え方にも触れられていて、生まれてくる子どもには「自分でいろいろと考えられる発想力の豊かな子になってほしい(中略)絶対に私立にとも思わないですし、普通に地元の学校も魅力的だねって、そこも二人とも一致しているんです」と発言した(p.22)。

 1月号の特集は「開運」がキーワードで、滝川さんに「開運へのヒント」も聞いている。それに対し、母親から「あなたは運が強い」とずっと言われて育ったことで、心持ちが違ったし、それが無意識のうちに自分の礎になったと明かしている。

20191129_133457.jpg
写真は、「otona MUSE」(宝島社)2020年1月号の付録

 付録は、モデルやヘアメイクアーティスト、エディターなどの間で、話題になっているフォーチュンアドバイザーのイヴルルド遙華さんが監修した「ジャーナル スタンダード レサージュ」製の「ゴールドミニ財布」と「馬蹄形のチャーム」。財布のサイズは、約タテ7センチ、ヨコ10センチ。価格は1200円(税込)。

20191129_133800.jpg
写真は、「otona MUSE」(宝島社)2020年1月号増刊号の表紙と付録

 なお、「otona MUSE」(宝島社)2020年1月号には、セブン―イレブン、セブンネットショッピング限定発売の増刊号もある。付録は「幸せを呼ぶ長財布」と「ラッキー鍵形のチャーム」で、価格は1500円(税込)。

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?