本を知る。本で知る。

困っている外国人を助けるための英語って?

  2020年のオリンピックに向けて、今オリンピック熱がとても高まっています。オリンピック熱が高まるにつれ外国人観光客の数も自然と増えていっています。実際に、外国人の旅行者数もここ数年どんどん増加しているんです。
 そうすると困るのが言葉の壁。日本語が喋れない外国人が、
・道でどちらに行けばいいか迷っている
・メニューに書いてある料理がどんなものか分からなくて困っている
・お寺などの看板に書いてある日本文化についての説明が読めなくて悩んでいる
などなど、こういう状況を目にする機会がこれからどんどんと増えていきます。

 せっかく海外から来てくれたのだから、困っている人は助けてあげたいですよね。そんな時におすすめなのが、アスコムから発売された『「回転すし」を英語で言えますか?』です。
 この書籍は、日本人の言えそうで言えない単語・熟語を集めた単語集。日本文化についての単語も多く収録されているので、外国人へ日本を説明したり案内するのにピッタリです。きっと困っている外国人を助けてあげることができるはず。

 どんな単語が入っているのか、本書からいくつかご紹介します。この日本語を英語で何と言うか、あなたはわかりますか?

●コンセント
●肉じゃが
●T字路
●割りばし
●五十肩
●やかん
●おみくじ

 いかがでしょうか、全部わかりましたか?
 ちなみに「コンセント」は英語で「outlet」です。コンセントは和製英語なので外国人には伝わらないんです。他にも日本人の日常生活で使う言葉がたくさん。
 海外に行かなくても英語を使う機会が増えているこの世の中。ぜひ本書を読んで、外国人に話しかけてみませんか? 

 
書名:「回転すし」を英語で言えますか?
著者:デイビッド・セイン
発売日:2015年7月18日
定価:1080円(税込) 

語学の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?