本を知る。本で知る。

【MonoMaster 3月号 】オフィスにあるアレが自立型オーガナイザーに!

MonoMaster 3月号

   「MonoMster 3月号」の特別付録には、「日本のオフィスのスタンダードファイル」として多くの会社で愛用されている「キングファイル」がデスク用収納ボックスになって登場した。

book_20220127153927.jpg
KING JIM(キングジム)「キングファイル」型デスクトップ収納ボックス

   小物の整理、収納に便利な本アイテムは、自立型のオーガナイザーである。サイズは高さ25.7×奥行(背幅)5×幅18.5cmと、ホンモノにそっくりすぎて、文房具ファンにとってはたまらない。

   背の上部には、ホンモノを再現したステッカーを貼ろう。4色あるので、自由に貼りかえられる。

book_20220127154108.jpg
ホンモノにそっくりすぎる!

   中を開くと左側に5つの収納ポケットと、右側にはB5サイズのクリアホルダーが出現。クリアホルダーにはお気に入りのポストカードを入れると自分仕様になるし、付箋メモを貼り付けるのにも便利。ボールペンやテープのり、修正ペンからメモ帳、リモコンなどデスク周りの必須アイテムをたっぷり収納しちゃおう。

book_20220127154341.jpg
中を開くと

   本棚などにすっぽり収まるサイズなので、使わない時はファイルと共にしまっておける。フタはピタッと固定できるマグネット内臓で、すっきり収納でき気持ちがいい!

   文具ファン必見な「KING JIMのキングファイル型デスクトップ収納ボックス」は、是非ゲットしておきたい!

book_20220127154501.jpg

文房具の魅力を再発見!

   お洒落な文具が美しく並ぶ「MonoMaster 3月号」(宝島社)が発売された。特集は「使うほどに便利で愉しい ヒット!文房具。」である。詳細は下記の通りだ。

仕事人が愛用するヒット!文房具。
スペシャリストたちが注目する。ヒット文房具アワード。
文房具の今がわかる 2022トレンドキーワード。
書き味、文字色、機能面で進化する 新世代ボールペンの魅力。
知れば知るほど欲しくなる 本当に使えるトレンド文房具。
日本最大級の祭典「文具女子博2021」で出会った最旬ステーショナリー。

新しい働き方が定着した今だから取り入れたい「最新リモートワーク文具」
・ニューノーマルなワークアイテムを携える
・キングジムの傑作アイテムグッズ

   リモートワークに、自粛生活と、「おうち時間」が増えたことで、文房具の魅力が再認識され、これまでにはなかった機能性やデザイン性の高いものが多数リリースされた。そう、今、「文房具業界」はアツいのだ。

   本誌では、ノック音を抑えたボールペンや、ハサミとカッターが一体化した文具、磁石でくっつくハンコ、フリーアドレスに最適なデスク、PC周りの収納ケースなど、チェックしておきたい最新文房具をピックアップ。文房具ファンにとって眺めているだけで幸せな特集となっている。

   また、第2特集の「新しいインク沼の世界。」も必見だ。

book_20220127154618.jpg

※撮影:BOOKウォッチ編集部

 
 
  • 書名 MonoMaster 3月号
  • 監修・編集・著者名宝島社
  • 出版年月日2022年1月25日
  • 定価1090円(税込)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

付録がすごいの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?