本を知る。本で知る。

コロナで幻に? V6の坂本昌行、主演ミュージカルを「エゴイスティック」に語る

 話題のPERSONの素顔に迫るPHOTOマガジン『TVガイドPERSON』。4月9日(木)に発売された最新号(vol.92)の表紙を飾るのは、V6の坂本昌行さんだ。

写真は、『TVガイドPERSON vol.92』(東京ニュース通信社)
写真は、『TVガイドPERSON vol.92』(東京ニュース通信社)

 これまで数々の名作ミュージカルを演じてきた坂本さん。5月には12年ぶり4度目の再演となる「THE BOY FROM OZ」で主役を務める予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、東京・大阪ともに公演の中止が決まった。

 坂本さんの舞台を楽しみにしていたファンにとって、今回の『PERSON』は見逃せない。巻頭のロングインタビューでは、坂本さんが12年ぶりに挑む作品にどう向き合い、準備をしてきたのか、役への想い、初回からの心境の変化などが詳細に語られている。

 ミュージカル「THE BOY FROM OZ」は、オーストラリア出身のエンターテイナー、ピーター・アレンの波乱万丈な生涯を描いた作品だ。日本では2005年に上演されて以降、2度再演された。

 初演から主人公を演じてきた坂本さんは、「ステージに立つ者同士」ピーター・アレンに共感していると言い、初演当時から変わらない思いをこう語った。

「人を楽しませることは、結果的に自分の喜びでもある」

 本誌ではそんな坂本さんの言葉を「優しいエゴイズム」と表現する。春を感じさせる爽やかなグラビアとともに、12ページに及ぶ大ボリュームで、坂本さんの意外な一面が見られそうだ。

 今号ではほかに、高橋一生さんや中村倫也さん、山田裕貴さんなど今シーズン話題のドラマや映画で活躍する俳優陣に加え、ミュージックシーンで注目を集める宮野真守さん、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの吉野北人さんなど、豪華な顔ぶれが揃っている。

 巻末特集では、映画「糸」に小松菜奈さんとW主演の菅田将暉さんも登場。自宅で過ごす時間が増えた今、目の保養になることまちがいなしのラインアップだ。


オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

雑誌・ムックの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?