本を知る。本で知る。

フランス流の気軽な「おもてなし」20コース、70レシピ

 やりくり上手なフランス流のおもてなしは、自慢のひと皿に簡単な料理2品くらいで十分なのだとか。

20191113_F_main.jpg
写真は、『おもてなしは一品豪華主義でいい』(誠文堂新光社)

 フランス人の夫と子ども2人と暮す、料理家のサルボ恭子さんの新著『おもてなしは一品豪華主義でいい』(誠文堂新光社)には、フランス流のおもてなしのエッセンスがつまっている。サルボ恭子さんは、自身のインスタグラムで次のようにコメントしている。

「フランスの友人達の気軽なもてなしに、いつもハッとさせられます。これでいいのよねえ、と」(Instagramより)

 フランス人らしい「合理的で」「気の利いた」おもてなしは、ふだんの料理に、素材の組み合わせを工夫したり果物やスパイスを加えたり、少しの驚きをプラスすること。

 作るのは3品。1品だけは少しだけ頑張って作り、あとの2品はマリネやスープといった簡単なオードブル。頑張るといっても、全行程で「焼くだけ」「煮るだけ」と調理道具1つでできるという手軽なものばかりだ。

 本の中には、20コース約70レシピが紹介されている。たとえば、オーブンで焼くだけのスパイシーローストポークや、鍋で煮るだけの鶏肉と野菜のクリーム煮、フライパンで焼くだけの豚フィレ肉ソテー りんごと玉ねぎの白ワインソースなど。

 また、あえるだけ、混ぜるだけのオードブルとして、まぐろのカルパッチョやモッツァレラとカラフルトマトのオレンジマリネ、きゅうりと梨のアボカドサラダなども紹介されている。

 次の写真4点は『おもてなしは一品豪華主義でいい』(誠文堂新光社)より。

20191113_F_sub1.jpg
スパイシーローストポーク
20191113_F_sub2.jpg
シュークルート風煮込み
20191113_F_sub3.jpg
えびときのこのパエリア風
20191113_F_sub5.jpg
まぐろのカルパッチョ
 

 BOOKウォッチでは、レシピ関連で『野菜の「べんり漬け」』(主婦の友社)なども紹介している。

 

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

実用書の一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?