読むべき本、見逃していない?

妻が職場の同僚とW不倫 それを知った夫の驚きの反応

  • 書名 『ぼくたちの離婚』
  • 監修・編集・著者名稲田豊史
  • 出版社名KADOKAWA

世の中には幸せな家庭を築いている人もいれば、家庭生活が破たんし、離婚する人もいる。

「幸福の秘訣」や「夫婦円満の秘訣」は様々な場所で語られるが、「なぜ離婚したのか」「どう離婚に至ったのか」について語られることは少ない。多くの人にとって、これらは秘すべきことだ。

『ぼくたちの離婚』(角川新書刊)では、様々な男性たちの、きわめてプライベートでデリケートな離婚エピソードが語られている。そこにあるのは赤裸々なホンネと自己開示。しかし、これらはただの「ネタ」で終わることなく、本質的な問いを提示する。

「結婚とは何なのか?」

今回は著者の稲田豊史さんにインタビュー。この本に掲載されたさまざまなエピソードのウラ話や、取材で感じたちょっとした違和感、そして離婚を通してあぶり出される「結婚」についてお話をうかがった。その第二回をお届けする。

■離婚経験を語る男たちに感じた違和感とは

――個人的には奥さんに貯金を使い込まれ、夜の生活でハードな「おつとめ」を強要されたあげくに浮気をされた森岡さんの話が強烈でした。人間関係の問題に「100%どちらが悪い」とは言えないのですが、これはさすがに奥さんがどうかと...

稲田:確かにそうした印象を受けるかもしれません。でも、この本では男性の言い分しか聞いていない点は忘れないでいただきたいんです。人間は無意識に自分が悪者にならないような話し方、聞いている相手が「そうだね」と相槌を打てるような話し方をするもの。この本に出てくる男性たちにしても、その可能性はある。そこは断っておかないとフェアじゃないと思って、前書きでも書きました。

実際、話を聞いていても男性側の言い分に違和感を覚えることがあったんです。この森岡さんのケースもそうで「離婚以来、誰と交際しても、ちょっとでも気になるところがあると、すぐダメだと思ってしまう」と言って「誕生日に食べたいものを聞かれてうなぎと答えたら嫌な顔をされたから別れた」という話をしていたのですが、これを聞いて不思議に思ったんですよ。

――どんな点を不思議に思ったんですか?

稲田:森岡さんはすごい経営者で、東大卒でめちゃくちゃ頭もいい。そんなに頭のいい人が、いくら結婚でひどい目にあったからといって、彼女がうなぎを食べたいと言ったくらいで嫌気が差すかなと。こういう違和感はいろんな男性の話を聞いていてしばしばあって、本文の中にも少しだけ含ませています。

――実際、稲田さんは本の中で男性側に感じた違和感をかなり率直に書かれていますよね。

稲田:そうですね。前回でお話ししたモラハラをはたらく妻にしても、話を聞くと男性の方にも問題がある。......と言ってしまうとつらい自己責任論というか、「いじめられる側にも原因がある」みたいな話と同じ理屈になってしまうので心苦しいのですが、男性側は自分にも何かしらの問題があったと自認しないことには、次もまた同じような女性を選んでしまいます。そこは気をつけないといけないと思います。

表紙

――奥さんが職場で既婚者を含む複数人の同僚と不倫をした木島さんについても同様ですか?

稲田:木島さんのケースも奥さんがちょっと変わった人で、ある日突然浮気を始めたというように言っていますが、やっぱり夫である木島さんの話にも違和感がありました。

最初に浮気が発覚した時、普通だったら、まず裏切られたことへの怒りを妻に向けるじゃないですか。でも彼はその時、奥さんに対して非常に冷静に職場での事後対応を指示している。「無理に誘われたということにして、自分は被害者を装え」と。これはおかしいですよね。奥さんだって半分加担しているわけで。

――頭は切れるけれども、異様なほどの冷静さが怖かったです。

稲田:ちょっと狂気を感じるというか、人間の感情が一部欠落しているというか...。

――木島さんの奥さんは自分の意志を示すことがなく、なんでも木島さんの言いなりで、しかも極めて周りに流されやすい人、とされていて、不倫もその性質によるものという書かれ方をしていましたね。

稲田:これも、あくまで木島さんの言い分であって、奥さんには奥さんの言い分があるのかもしれません。

奥さんが木島さんに「私は、あなたに自分のことを理解してもらおうという努力を怠っていました」というメッセージを残すのですが、この言葉は重い。木島さんははっきりいって奥さんを言われるまま動く人だと思っていたふしがあるのですが、実際はそうではない可能性もある。

奥さんは意志薄弱ではあるかもしれませんが、自分なりに考えていることがあって、でもその考えや自分の心の複雑さ、繊細さを木島さんは理解しないだろうとある時点で悟り、それ以降説明を諦めてしまっていたのかなと。

――"「かわいそう」だから結婚した"という田中さんのエピソードは、あまり大声では言えませんが共感するところがありました。実は私も妻に対して、主に経済的な意味でですが「自分がいなかったらこの人は生きていけるんだろうか」と思うことがありまして...。

稲田:そういう気持ちは裏返すと「庇護したい」とか「守ってあげたい」のように、いい風に説明できるのですが、今の世相からするとすごく反発されますよね。

実際、田中さんの話もウェブに出した時はすごく反発があったんです。「この男(田中さん)はクソだ」とか「そんなふうに思う相手と結婚するのが間違っている」とか。薄っぺらい正義感(笑)満載のコメントが、山ほどつきました。

――個人的には哀れみも愛情の一部ではないかと思っています。

稲田:丁寧に説明しないと誤解されやすいところですが、こういった意見をお持ちの方もたくさんいるはずです。もちろん反発されるのがわかっているので、わざわざコメントとして書き込まないだけで。そういう人は、私宛てのダイレクトメッセージなどでこっそりメッセージをくれたりします(笑)。

(聞き手・構成:山田洋介/撮影:金井元貴)

関連記事

妻の「メンヘラ」に気づけなかった男の悲劇

部屋を見るとわかる「恋愛上手な人」と「恋愛下手な人」の違い

自虐ネタにしてもダメ! 男の「ヤンチャ自慢」に女子がドン引きする理由

「おじさんだけど若いコと付き合いたい!」を実現する3つの恋愛鉄則

株式会社オトバンク「新刊JP」

次これ読もう、が見つかる「新刊JP」 日本最大級の書籍紹介ウェブサイト。話題の書籍や新刊本をブックナビゲーターが音声で紹介するインターネットラジオ番組「新刊ラジオ」や、書評記事、イベントレポート、出版業界の動向などを提供するニュースメディア「新刊JPニュース」、旬の作家のインタビューを掲載する「ベストセラーズインタビュー」、書店をフィーチャーした企画や電子書籍レビューなど、本にまつわるコンテンツを豊富に揃えています。あなたの「あ、これ読みたい」が見つかるはずです。

記事一覧 公式サイト

新刊JPニュースの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?