本を知る。本で知る。

「不思議の国のアリス」と言えば、やっぱりこの絵。物語が始まるクラシカルな洋書ポーチ

ルイス・キャロルとアリスの不思議な世界 じゃばらポーチBOOK

   少女時代に読みふけったルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』。物語の世界を美しく表現し、空想を広げてくれたのが、ジョン・テニエルの挿し絵だ。

   そんなテニエルの挿し絵をデザインしたポーチが付録になった『ルイス・キャロルとアリスの不思議な世界 じゃばらポーチBOOK』(宝島社)が、9月5日に発売された。

book_20220902120914.jpg

   じゃばらポーチの前面にプリントされているのは、原作第6章「ブタとコショウ」よりアリスとチェシャー猫が出会うシーンだ。

   これは、1927年のジョン・テニエルの原画にジョン・マックファーレンが彩色したイラストを、セピア色でプリントしたもの。洋書の雰囲気をうまく表現している。

book_20220902120936.jpg

   背面には白ウサギ、引き手にはトランプモチーフを取り入れたキュートなデザインとなっている。

book_20220902121010.jpg
裏地はシックなブラウン

   文庫や新書、B6判の本が入るサイズで、使い方はいろいろ。ガバッと開けるじゃばら仕様で、メッシュポケットや仕切りがついている。文具セットやガジェット類を入れるケースにも、お気に入りの本を入れるブックポーチにもおすすめだ。

book_20220902121025.jpg

不思議の国のアリスの世界にようこそ。

   誌面では、『不思議の国のアリス』の物語の成り立ちとその背景、キャラクターたちと聖地を巡る旅、続編『鏡の国のアリス』を紹介しているほか、作中に登場するドリンクやスイーツのレシピ、実在した少女アリスとの関係まで、物語をさらに楽しむためのトピックが盛りだくさん。不思議の国のアリスの世界にさまざまな角度から浸れる一冊となっている。

book_20220902121042.jpg
アリスは実在した?

book_20220902121102.jpg
アリスを惑わすスイーツたち

book_20220902121122.jpg
多くの有名画家たちがアリスの世界を描く


※画像提供:宝島社


  • 書名 ルイス・キャロルとアリスの不思議な世界 じゃばらポーチBOOK
  • 出版社名宝島社
  • 出版年月日2022年9月 5日
  • 定価2310円(税込)
  • ISBN9784299032843

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

付録がすごいの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?