本を知る。本で知る。

収入アップに直結?人を動かす話し方の極意

  • 書名 『億を稼ぐ人の話し方』
  • 監修・編集・著者名中野祐治
  • 出版社名きずな出版

「人は第一印象が肝心」とよく言われます。最初に会った時の印象が悪いと、それを覆すのは大変ということから、見た目や表情に気をつかっているという人は多いものですが、「第一印象」には「話し方」も含まれます。

この「話し方」が曲者で、はきはき話すことを心がけていても気を抜くとぼそぼそと暗そうな話し方に戻ってしまったり、気持ちが入りすぎると早口すぎて何を言っているか相手が聞きとれなかったりと、見た目よりも注意が必要です。また、自分で思っているよりも大きく変化させないと、相手がその変化に気づかないこともあります。

とはいえ、相手から好感を持たれる話し方を知っていくことはプラスになるはずです。どんな点に気をつければいいのでしょうか。

■最初の一言を発することで主導権を握れる

話し方を変えることで人生も年収も好転させることを目指す『億を稼ぐ人の話し方』(中野祐治著、きずな出版刊)によると、初対面だからこそ「最初のひと言」は自分から話しかけることが、相手から好感を持たれるポイントだとしています。

初対面は相手も緊張しているもの。少しだけ勇気を出して、自分から話しかけることで相手は安心し、リラックスして会話に入ることができます。話のタネなんて大した問題ではありません。たわいもない雑談でOK。相手からしたらどんな話題であれ話しかけられて、会話ができることだけでもホッとしているものなのです。

■目が泳いでいる人の言葉に心は動かない

話すときにおざなりになりがちなのが「目」です。というのも、誰かを説得したり、思いを伝えたりする時に、相手はあなたの話の内容だけでなく、表情や顔の筋肉の動きを見ているからです。

どんなに言葉を弄して人を説得しようとしても、目に光がなければその言葉も台無しですし、言葉は威勢が良くても目が泳いでいると嘘っぽく感じられたり、自信なさげに見えたりします。

仕事で成果を出している人や、人を惹きつけられる人は、例外なく目に力があり、特に重要なポイントについて話す時ほどその力は強くなります。普段はにこやかにしていても、大事な時は意識して目に力を込めてみると、それだけでも相手からの印象は変わるはず。これも話し方の一つのテクニックなのです。

■会話がダメになる気まずい「間」に要注意

会話は、常に双方が話し続けているわけではありません。そこには必ず、どちらも話していない時間、つまり「間」があります。

本書によると、この「間」には「いい間」と「悪い間」があるのだとか。「いい間」とは、会話を進めるために相手のペースに合わせる時に生まれる間です。反対に「悪い間」は3種類あります。

・自分も相手も話したいけど話せず沈黙して生まれる間......何を話せばいいのか、頭の中を整理することで解消しやすい。

・相手に興味がなく、こちらから話さないことで生まれる間......自分がコミュニケーションに受身なために生まれる間。こちらから相手に話を振る思いやりを持つことで解消できる。

・相手から問い詰められた時に生まれる間......やましいことがあってもなくても、問い詰められてなんと答えようか迷っている時に生まれる間なので、相手に誤解を与えやすい

もちろん「間」には必要なものもありますが、この3つはただ気まずいだけの「間」です。自分次第で解消することができるものなので、気詰まりな沈黙が生まれたときは対処していきたいものです。

『億を稼ぐ人の話し方』は人生を好転させ、経済的に豊かになるための話し方を伝授してくれます。話し方が収入に直結ことを実感としてわかっている人は少数ですが、話し方を変えることで好感度や信頼感が高まり、人に頼りにされ、仕事につながり、それは収入増に結びついていくのは確か。

地道な取り組みですが、改善して損はないのが話し方です。5年後、10年後の自分のために今から始めてみてはいかがでしょうか。

(新刊JP編集部)

関連記事

美肌だけじゃない 女性の魅力を作る「透明感」の正体

言葉遣いで「損」をしないために知るべきこと

部下がついてこなくなる!やってはいけないリーダーシップとは

「説明の上手さ」一流とそれ以外を分けるポイントは?

株式会社オトバンク「新刊JP」

次これ読もう、が見つかる「新刊JP」 日本最大級の書籍紹介ウェブサイト。話題の書籍や新刊本をブックナビゲーターが音声で紹介するインターネットラジオ番組「新刊ラジオ」や、書評記事、イベントレポート、出版業界の動向などを提供するニュースメディア「新刊JPニュース」、旬の作家のインタビューを掲載する「ベストセラーズインタビュー」、書店をフィーチャーした企画や電子書籍レビューなど、本にまつわるコンテンツを豊富に揃えています。あなたの「あ、これ読みたい」が見つかるはずです。

記事一覧 公式サイト

新刊JPニュースの一覧

一覧をみる

書籍アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

漫画アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?